それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 17日

2004年ドラフト会議

が、今日行われましたね。
各球団の指名選手は、こういう結果になりました

逆指名や自由獲得枠の導入以後、かつてのクジをめぐるドラマやドキドキ感は、
年々薄れていく一方ですが、それでも毎年このドラフトには注目してしまいます。
私はプロ野球ファンでもありますが、高校野球も結構好きなので、
甲子園で活躍したあの選手はどこに行くんだろう、てな感じでワクワクします。
…と言いたいところですが、それももう前の話で、最近は高校生の指名も競合が少なくなりましたね。
今年も抽選箱の出番はありませんでした。
ダルビッシュが競合無しなんて、10年くらい前なら考えられないですよ。

別に「昔は良かった」などと言うつもりはさらさらありませんが、
以前のドラフトは様々なドラマチックなシーンが多かったのも確かです。
ま、今日はそれが本題ではありませんし、オフでネタの無い時にでもその話はする事にしましょう。

さて、我らがホークス。今年も6人の若鷹が誕生しました(って、入団交渉はこれからですが(笑))
今年は自由獲得枠の使用はなく、すべてドラフト会議の場での指名。
高校生が4人、大学生が2人というフレッシュな顔ぶれです。
昨年、下位指名の方で2名の高齢ルーキーが平均年齢を上げていたのとは、エラい違いです(笑)
(まあでも、その高齢ルーキーの一人が、見事に新人王に輝いたわけですが)

今日は今年の指名選手を一人ずつ紹介してみようと思います。
選手名の下の斜字は、今日のドラフト会議の中継(ビデオ録りしてました)や
「週刊ベースボール・2004ドラフト完全ガイド」での紹介コメントから書いたものですが、
これだけでは面白くないので、私のコメントもその下に入れときました。
しょーもないコメントですが(笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1巡目:江川 智晃(宇治山田商高/投手)
 投手としても140キロ超を投げるが、外野手としての魅力が勝る
 運動能力が高く、50メートル5秒8の俊足をもち、長打力もある

 <鷹の道コメント>
 甲子園では2年生の時に投手として出ていて、
 当時から速球派投手としての評判が高い投手でした。
 残念ながら1回戦負けでしたが。
 その時の印象が強いので、今回外野手として獲得という事ですが、正直ピンときません。
 まして、外野は非常に競争が激しい場所です。
 ただその一方で、ベテランが多い場所でもあります。
 4,5年先くらいを考えたら、外野で育てるのも悪くないでしょうね。
 高い能力を生かせるよう、自らも名外野手だった秋山2軍監督に育てて頂きましょう。

3巡目:高橋 徹(横浜創学館高/投手)
 甲子園出場はないが2年時から140キロを投げていた投手
 非凡な一塁けん制、スクイズ処理など野球全般に神経が行き渡る

 <鷹の道コメント>
 申し訳ないですけど、私の中では全くのノーマークでした。
 甲子園にも出ていないので、名前すら知らず、
 週べの記事でも目に止まりませんでした。
 野球選手には意外と少ない横須賀出身なんだそうです。

4巡目:中西 健太(北大津高/捕手) 
 甲子園でダルビッシュから2本ヒットを放つ
 強肩も魅力

 <鷹の道コメント>
 今年はなにげに高校生捕手の当たり年なんだそうです。
 今年夏の甲子園では、ダルビッシュの東北高校相手に大敗してしまいましたが、
 捕手としての評判は上々でした。

5巡目:高橋 秀聡(九州共立大/投手)
 サイドから最速147キロを投げる右腕
 切れ味鋭いスライダーが持ち味

 <鷹の道コメント>
 地元という事もあって、九州共立大からホークスに入る選手は、本当に多いですね。
 柴原、山村、新垣、馬原の後輩にあたりますね。
 ちなみにこの高橋、高校は大阪の盾津高校という中央では無名の高校の出身です。
 大学で頭角をあらわしてきた選手なわけですね。

6巡目:加藤 領健(青山学院大/捕手)
 主将として高いリーダーシップを誇り
 投手の能力を引き出す頭脳派捕手

 <鷹の道コメント>
 週ベでは「広島が好評価」とあったのですが…
 明らかに「ポスト城島」としての指名ですね。
 この青学大→ホークスというルートも多いですね。
 小久保、井口、倉野、荒金といったところがそうですね。
 ついでにいうと、中内オーナーもだが…

7巡目:定岡 卓摩(福岡工大城東高/内野手)
 高校屈指の強打者
 強引なプルヒッティングでホームランを連発

 <鷹の道コメント>
 南海ホークスからのファンの皆さん、定岡の息子ですよ。
 ダイエーからのファンは、元2軍監督としてご存知でしょうかね。
 渋い内野手だったお父さんとはイメージが異なり、息子はパワーヒッターだそうです。

 ご存じの方も多いでしょうが、この定岡のお父さん・智秋氏は、元巨人の定岡正二の兄ですね。
 正二氏の弟(元広島の選手)も含め「定岡3兄弟」と呼ばれ、
 3人ともプロ野球に入ったというスゴイ兄弟です。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
以上が今年のドラフト指名選手です。
福岡ダイエーホークスとして迎える最後のドラフトとなりましたが、
王監督が「3~5年後を見据えた結果、こうなった」と語っている通り、
即戦力よりも将来の事を考えたドラフトになりましたね。
近い将来、新生ホークス球団の主力となってくれる事を期待しましょう。

締めようと思ったら「ホークス、大村と初交渉」のニュースが飛び込んできました。
これで大村加入となると、ますます外野は競争激化…
うーむ。江川君の進む道は厳しいな。
まあでも、焦らず頑張るのだ!

by takanomichi | 2004-11-17 23:31 | Hawks


<< 微妙に野球ネタ      いよいよ本決まりに… >>