2009年 03月 24日

連覇、最高!

WBC 決勝
[3/24(火)(日本時間)・ロサンゼルス] 
 日本 5-3 韓国 (延長10回)

やりましたね。やってくれましたね。
結果を知った時も、
ダイジェストを見終わった今も、
何か夢の中にいるようです…

なんか、ネット上であちこち見ていると、
リアルタイムで試合を見ていた方が結構多いようで、
そういう環境におられた方が羨ましい(笑)
リアルタイムで見ていたら、
あの9回裏と10回表、そして優勝の瞬間、
どんな思いをした事でしょうか。
結果を知った上でダイジェストで見ても
力が入りましたからねえ。

不振だ何だと散々言われていたイチロー。
しかし、この決勝の大舞台で4安打!
最後に決めたのもやっぱりこの人でした。
見事なセンター前への2点タイムリー!
うまく言えないけど、「何かを持っている」のでしょうね。

岩隈も素晴らしかったですね。
8回途中まで4安打2失点に抑える快投!
今大会を通じて、本当に安定した投球を見せてくれました。
彼の投球が打線を勢いづかせたのは、間違いないと思います。
実に15安打と打ちまくり。
まあ、残塁が多かったり、肝心なところで併殺打とか
拙攻もありましたが…

一度は同点に追いつかれたダルビッシュでしたが、
それを引きずる事なく、10回裏を締めたのは立派でした。
まあ、あそこで続投させる原監督の采配も
すごいと言えばすごいのですが。

それから、あまり取り上げられる事はないけど、
私が声を大にして言いたいのが、杉内の活躍です。
今日も岩隈の後をしっかり受け継ぎましたし、
確か今大会、1本もヒットを打たれてませんよね?
MVPは3勝をあげた松坂でしたが(これはこれで異論はないのですが)、
私は陰のMVP的存在の選手がいたと思います。
それが、青木であり、岩隈であり、そしてこの杉内も、と思います。
いや、他にも、内川も中島も頑張ったし、
イチローと共にずっとチームを引っ張ってきたと言ってもいい城島も、
後半戦頑張った岩村も、
最後に戦線離脱したとはいえ序盤戦で頑張ってた村田も…
名前を挙げ出したらキリがないですね。

とにかくみんなで勝ち取った世界一!
前回に続いての世界一!
私には「侍ジャパン」という言葉がなぜかしっくりこないので、
あえてこう言いますが…
「原ジャパン、本当におめでとう!」

そして、今大会、特別顧問であった王前監督も喜んでいるでしょう。
原監督の胴上げの映像に、3年前の王さんの姿がダブりました…

そして、今大会は実に5度も韓国と対戦したわけですが、
初戦で日本がコールド勝ちした以外は、
力の入った好勝負ばかりでした。
もちろん今回も。
お互い2勝2敗で迎えた今日の試合でしたが、
これも決着がつきましたね。

力と力の勝負。
その末に勝ち取った優勝。連覇。

最高です。

前回の優勝は奇跡とも思えましたが、
奇跡なら2度続けては起きないでしょう。
もう堂々と言ってもいいですよね?
「日本の野球は世界一!」って。

by takanomichi | 2009-03-24 23:22 | WBC 2009


<< 開幕日      待っていたぜ!この時を >>