2004年 12月 31日

皆様、どうぞ良いお年を

何だかんだで2004年も、もう本当に残りわずかとなってしまったわけです。
そんなわけで、今年を振り返り様々な事を思い出しつつ、
2004年ラストのブログを書こうと思います。

まあ、あちこちで言われてる事だとは思いますが、
今年はプロ野球において、本当に「激動」の一年でありました。

球団合併、ストライキ、新規参入、球団売却、球界再編、プレーオフ…
今年プロ野球界に起こった変化についてのキーワードを並べるだけでも、これだけあるわけです。
幼い頃から20年以上プロ野球を見てきた私にとっても、
初めて現実に目にする事が多かった一年でした。



特に私のようにパ・リーグ中心に野球をみている人間にとっては、
6月13日にオリックス・近鉄の球団合併が発表されてからというもの、
「次の合併があるのではないか」
「パ・リーグは消滅するのではないか」
そんな不安に常に苛まれてきた年だったと言えるでしょう。

自分自身が応援するホークスにも、合併の話が出ていましたから、なおさら不安を感じていました。
「自分の応援する球団が合併でなくなってしまうかもしれない」
そんな思いを持って野球を見た事など、これまで一度だってありませんでした。
だから、自分の中でどう現実を受け入れればいいのか、本当に悩みました。

私がこのブログ「それが鷹の道」を始めたのは、ちょうどそんな時でした。
それまではネット上で自分の思いを出す事なんて、自分自身まったく想像していませんでした。
ホームページを自分で持とうとかいう気もありませんでしたし。
掲示板に書き込む事はたまにあっても、それは自分の名前が出ないものでした。
(「●ちゃんねる」って言ってる様なものですね(笑))

そのうち、たまたま見つけた野球サイト「応援系にちはむ式」(現在リンクさせて頂いているサイトの一つです)
の掲示板に自分のハンドルで書き込むようになり、
(「鷹の道」というハンドルは、その時に使い始めました)
しばらくの間、書き込みを続けていたのですが、それだけで飽き足らず、
自分のページで自分の思いを存分に出したいと思う様になってきました。

思えばこの頃の自分は「これからプロ野球はどうなっていくんだろう」という不安を抱え、
自分の思いを表現する事を通して、他の野球ファンの方はどう考えているんだろうか、
自分と同じ様な思いの人はいるだろうか、というものを知りたがっていたのだと思います。
一番最初の記事にも書いた事なのですが、
その時は最もプロ野球に対する思いが強くて、そしてプロ野球の話をしたかった時でした。


しかし自分は、ホームページを作るセンスもなければ、まめに更新していく根気もない(苦笑)
そんな時に「ブログ」というものがある事を知りました。
つまりそれまで知らなかったわけで、私はシステムエンジニアという仕事をしているのに、
ネット事情に疎いヤツです(苦笑)

「文章だけなら、自分でも続けていく事はできそうだ」
そう思ってlivedoorで「それが鷹の道」を書き始めたのが7月の終わり頃でした。
10月にプレーオフの第2ステージが始まった頃からこのexciteブログに移転し、
以後は皆さんにご覧頂いている通りです。

…長々と自分語りしてすみません。
何が言いたいのかというと、今年はプロ野球においても大きな変化の年でしたが、
私自身にとっても大きな変化の年でした
、という事なのです。

今、自分の中では、このブログを書く事、そしてコメント等を通じて
野球ファンの皆さんとお話する事が、大きな楽しみになっています。
来年は自分もさらに忙しくなるかも知れませんので、
今までのようなペースで更新できるかどうか、わかりませんが、
「野球を見たい」「球場に観戦に行きたい」という欲求はますます強くなってますから、
その分、ブログで話したい事ももっと出てくると思います。

大変長くなり申し訳ありませんが、もう少しだけ話させて下さい。

元々飽きっぽい自分が、まだ半年足らずの短い間とはいえ、今年ここまで書き続けられたのは、
こんな拙い文章のブログでも読んで下さる方、コメントやトラックバックを下さる方が
おられるからこそだと、心から思います。
それが自分にとって、ブログを続けていく元気の素になっています。
特に、当ブログからリンクさせて頂いているブロガーの方や、サイト管理人の方には
いつもコメント頂いて、感謝しております。

ブログを書き始めた事で皆さんとの交流ができたのは、自分にとって本当に貴重な事ですし、
世界観が変わったといっても過言ではありません。

来年も、ホークスに対する思い、パ・リーグに対する思い、野球に対する思い、
様々な事を綴っていこうと思います。
たまにちょっとネタ物も入れつつ(笑)

皆様、今年はお世話になりました。
本当にありがとうございました。
「それが鷹の道」と、私「鷹の道」を来年もどうぞ宜しくお願い致します。


皆様にとって、素晴らしい2005年が訪れますように。
そして、プロ野球にとっても素晴らしい2005年でありますように。


by takanomichi | 2004-12-31 23:04 | プロ野球一般


<< 初春のお慶びを申し上げます      新庄 来年は「全身着ぐるみ」? >>