2005年 01月 09日

プロ野球スポーツフェスティバル+1

年末年始、プロ野球選手が出演するテレビ番組をいろいろチェックしてましたが、
今日の15時から日本テレビ系で放送された「プロ野球スポーツフェスティバル」
皆様、ご覧になられたでしょうか。
私はオンエアの時間に見る事ができなかったので、今しがたビデオでチェックしたとこです。
ホークスからは、松中・川崎・新垣・斉藤・倉野が出場してました。



最初に行われた、3チームでの綱引き競技に、「イケメンチーム」の一員として川崎が出場。
しかし、今岡(阪神)らの「選手会長チーム」ともども、
女子小学生ソフトボールチームにあっさりと負けてしまいました(笑)
(もちろん人数のハンデはありましたが)
で、インタビューで川崎が一言「やっぱ女は強い!」
綱引きだけの事なのか、他の意味が含まれていたのかは謎ですが(笑)

勝ち進んだ女子小学生チームは、セ・リーグ、パ・リーグそれぞれの「オールスターチーム」と対戦する事に。
対戦前、パ・リーグチームの横山(日本ハム)は、小学生チームを「見た目で威圧する」と言ってました。
しかし「見た目で威圧する」というのなら、
他のチームメンバーである小林雅(ロッテ)、石井貴(西武)はまだしも
倉野は明らかに人選ミスでしょう(笑)
(そのせいか、倉野だけインタビューが放送されてませんでした)
ちなみに、勝ったのは上原(巨人)らのセ・リーグチーム。

この番組で大活躍だったのは、何と言っても川崎でした。
ティーに置いたバレーボールをサッカーゴールめがけて打ち、相手チームのキーパーが止めるという
「ノックPK」という競技があったのですが、パ・リーグのキーパー役を、川崎が務めました。

古田(ヤクルト)が「イケメンには負けない!」と闘志むき出しで登場(笑)
ものすごい打球で、川崎、手にボールを当てたものの、止める事はできませんでした。
なんと川崎の手袋が少し破れるくらいの強烈な当たり。
このあたりは「おいおい、こんなんでケガするなよ~」と、少々心配しながら見ておりました。

しかし、川崎はその他の選手の打球を止めまくって、結局パ・リーグが勝利!
師匠・松中会長も「だいぶ守備が上手くなったねえ」とご満悦(笑)
インタビュー「先輩達の熱い気持ちを受け止めましたんで、嬉しかったです。いい勉強になりました!」
真顔で答える川崎。いや、そんなマジに答えなくても…(笑)

他にも川崎は、松中が打った球を走ってキャッチし、その距離を競うという競技でも活躍してました。
こちらは惜しくも、荒木・井端の中日コンビに優勝を持っていかれましたが。
何やかやで大活躍の川崎、見事にこの大会のMVPを獲得しました!

川崎、こんなネタも提供してくれました。
昨シーズン頑張った人にご褒美をあげるというコーナーがあったのですが、
キャビアとフォアグラをプレゼントされたものの、キャビアの缶を見て
「バターですね、これ」…
キャビアとフォアグラだと教えられると、たいそう驚いた様子で
「食べた事ないっすよ!田舎者ですから」
ああ、愛すべき庶民派。そして愛すべき天然…(笑)

さてさて、このスポーツフェスティバルの名物コーナーの一つが、選手による歌合戦です。
始まる時に、一瞬映った昨年の映像がツボにきました。
牛のコスプレに、顔にも牛ペイントを施し「焼肉ヨーデル食べ放題」を熱唱する田口の姿です(笑)

今年ホークスから登場したのは、なんと新垣。
新垣の歌声を聞くのは、私は初めてでした。
沖縄つながりという事で、BEGINの「島人ぬ宝」を歌っていましたが、
何度も歌詞のカンペを見ていたし、声も上ずっていたし、あれは間違いなく普段は歌ってないな(笑)
(まあ、新垣は「マウンドより緊張しました」と言ってましたが)

これまで放送されたこの手の番組の中では、結構ホークス選手が映っていた方だと思います。
それがちょっと嬉しかったですね。

話はガラリと変わりますが、その新垣、今日ようやく契約更改でサインしました。
前回の交渉で本人希望と球団提示の額の差が大きく、こんな記事も出ていたので心配していましたが、
一件落着して良かったです。
希望額に足りなかった分、今シーズン頑張って勝ち取って欲しいです。
昨年は打線の援護に恵まれない部分もあったけど、もうちょっと勝ち星を増やして欲しいですね。
最低でも15勝を期待!

by takanomichi | 2005-01-09 23:59 | Hawks


<< 2005年初観戦 プロ野球マス...      新ユニデザイン決定? >>