2005年 01月 16日

Hawks assort vol.1

当ブログのパターンの一つとして、一つの大きなネタがどうしても浮かばない場合、
小さなネタを拾い集めて、戯言を並べたり、ツッコミを入れたりするというものがあります。
正直、シーズンオフのネタ不足の時には、新聞やニュースサイトの
ほんの小さな記事だって、私のブログの餌になり得ます(笑)

というわけで、本日は2005年最初のホークス小ネタ集をお送りします。
読んで頂く方からすれば「どこに食いつけばいいんだ?」と思われるかも知れませんが、
そこはお好きな所へどうぞ。
何が悲しいって、食いついて頂けないのが一番悲しい(笑)

※せめてちょっと雰囲気だけでも変えようと、タイトルを英語にしてみました(笑)
 (assort:詰め合わせ、寄せ集め



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その1 まだだ。まだ終わらんよ。

 気になってしょうがないのに、情報が錯綜しまくってて、私もすっかり翻弄されっ放しです。
 そうです。井口の入団先の事です。
 何か新しい情報が出るたびに、当ブログでも取り上げてきましたが、その度に違う事書いてます。

 ヤンキース入り濃厚→レッドソックスと交渉へ→ホワイトソックスと交渉
 しかし、この「ホワイトソックスと交渉」(日刊スポーツ)という記事が出た日と同じ日に
 「井口、ホワイトソックス入りから撤退」(スポニチ)という記事も出たりして、もうわけわからん状態。
 このスポニチ記事を見た時は「もしかして、メジャー入り消滅?」なんて事も考えました。

 しかし、日刊スポーツはあくまで「交渉継続中」と主張しています。
 ただ、金銭的条件はホークス時代より下がるわけで、井口サイドがこれにOKを出していない、
 というのが現状なのでしょう。
 
 しかしながら、条件が下がると言ってもそんなにガクンと下がるわけではありません。
 ホワイトソックスのオファーは2年総額で約5億2500万円。1年だと2億1250万円。
 井口の昨年の年俸は2億4000万円。妥協できない金額の開きだとは思えないのですが。
 
 井口本人がどう思ってるのか、知りたいですね。
 とにかくメジャーでプレーしたいという気持ちが強いのであれば、
 ここらあたりで手を打ってもいいのでは?という気もします。
 それとも、表沙汰になってないだけで、まだ他から好条件でのオファーがあるのでしょうか…

 十分に納得して契約するべきだとは思いますが、あまり引っ張っても良い事はありません。
 私達ももどかしい思いですが、いちばんもどかしいのは当の井口本人かも知れませんね。
 一日も早く決まる事を望みます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その2 会長が大変な事に…

 昨年、3冠王という大偉業を成し遂げた松中信彦選手会長。
 次の大きな目標「シーズン50本塁打」を目指して始動しました。

 現在はグアムで精力的に自主トレを行っているとの事です。
 自分にとても厳しい会長の事です。
 さぞかし、物凄いハードトレを自らに課しているのでしょう。
 そして、グアムの照りつける太陽の下でトレーニングを重ねた結果、
 こんな体と顔に…

 ち、違う! 私の知ってる松中会長は、こんなんじゃない!

 …と思わず叫んでしまいそうになるくらいです(笑)
 体は以前からのマッチョぶりにさらに磨きがかかったという感じですが、
 なんと言ってもこの日焼けした顔…
 小さいお子様に見せる時は気をつけましょう。泣き出す事間違いなし。
 
 まあ、とにかくそれくらい鍛えてる会長です。今年も期待せずにはいられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その3 これも時代か?
 
  ♪ドラ5(巡目)ルーキー、高橋(秀聡)
   キャンプでぜひぜひ王さんに ピッチングをアピールしたーい

   「監督にやっぱり見てほしいです。右(打者)のインコースを打席に立って見てほしいですね。
    でも、当てちゃうかもしれないからほかの人で」
   って、言うじゃな~い
  
   でもアンタ…王さんは左打ちですから! 残念っ!
 
   王さんの現役時代には産まれてさえいないのよ! 斬りっ!

 
 …赤星に対抗して波田陽区風にしてみましたが、イマイチでしたね(苦笑)
 でも1982年生まれ、22歳の高橋君は、王さんの現役時代なんてリアルタイムで見た事ないわけですから(1980年限りで現役引退)、
 こんな勘違いするのも無理はありませんよねえ。
 私らの年代の人間にとっては、そんな勘違いは有りえませんが…
 やっぱりこれも、時代の流れですかねえ(遠い目)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
その4 末は北京かメジャー行きか

 今、ホークスファンにとって、ペナントレースの事以外に大きな関心事が2つあると言っていいでしょう。
 一つは今シーズンからのユニホームの事。
 そしてもう一つは、今シーズンFA権を取得する城島健司が、オフにはメジャーへ行くのか?という事です。

 城島本人は、メジャーのキャンプへ参加したいという希望があるとの事で、
 この件について近々球団との間で話し合いが持たれるようです。

 昨年の契約更改の際も、複数年契約ではなく1年契約を結んだ城島。
 やっぱり、今シーズンが終わったらメジャーへ行ってしまうのだろうか…
 そんな事を考えてしまいそうになりますが、一方で北京五輪に出場したいと気持ちもあると聞きます。
 
 ただ、シーズン終了後の事は、それはそれとして、
 今回のメジャーキャンプ参加で、城島がまた一つ成長するきっかけを掴めば、
 それはホークスにとって間違いなくプラスになる事でしょう。
 素人の私にはそれが何かなんて想像する事すらできませんが… 
 ホークスの中にいては得られない何かがあるはずです。
 そして、それが優勝の大きな原動力になれば、こんな素晴らしい事はないでしょう。

 シーズン終了後の事は、今は想像しかできません。
 楽観的に考えても、悲観的に考えても、結論が見えない事に変わりはありません。
 ただ、シーズン終了後に、城島がメジャー行きの希望を出す時の為の
 「心の準備」はしておいて損はないでしょう。

 今の時点で本音を言えば、私だってメジャーには行って欲しくないと思います。
 ただ、城島が実際にメジャーの世界を見る機会があるとわかってて、
 それがまだ現実のものにならないうちから、あれこれ考えても仕方ないかな、と思うのです。

 とにかく今はただ「2005年の城島健司」に注目していたいと思います。

by takanomichi | 2005-01-16 22:27 | Hawks


<< 今一度「がんばろうKOBE」      赤星のネタ系ブロガーな日々 >>