それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 01月 25日

やっと決まりました

いやあ、今度こそ本当に決まりのようでホッとしました。

「井口、ホワイトソックス入りへ 」

井口資仁の移籍先については、様々なメジャー球団の名前が出ては消え、
このホワイトソックスについても、有力と言われながらその一方で「交渉難航」と報じられた事もあり、
最悪の場合メジャー行き断念(という事はホークス復帰?)という事まで考えてましたが、
結局は納まるところに納まった感じです。

金銭条件的にも、ホークス時代(推定年俸2億4000万円)とほぼ同じという事で、
よろしいんではないでしょうか。
ホワイトソックスには既に高津臣吾がいるし、心強いですね。

これで今季は、アスレチックス入りが決まった藪恵壹(タイガース)と、
2人の新しい日本人メジャーリーガーが誕生する事になりました。
ずいぶん日本人選手も増えてきて、チェックするのも大変ですが、
ホークスの選手からメジャーリーガーが出たという事で、
これまで以上にメジャーも要注目ですね。

さて、話はガラリと変わりまして…
昨日(正確には一昨日か(笑))の投稿で「ホークスは世界一を目指す」という事を書きましたが、
それが本気である事を表すような記事がでています。

「五輪はメジャーもドリームチームで」

孫オーナーが、大リーグのセリグ・コミッショナーとの会談で「クラブ世界一決定戦」開催の要望に加え、
大リーグドリームチームの五輪出場を訴えるつもりとの事です。
「世界一」を決める為の仕組みを作ろうとする一方で、
「世界一」を争う五輪にふさわしいチームの出場を実現させようとする…
孫オーナーの夢は果てしなく広がっていってるようです。

しかし、この記事の写真を見て思うのですが…
野球の話をする時の孫オーナーの表情、本当に楽しそうで生き生きしていますね。
やっぱり根っから野球が好きなんでしょうね。

思えば、球界再編に揺れ動いた昨シーズン、
各球団のお偉いさんの中には「あなたは本当に野球が好きなのか?」と言いたくなるような、
言動が目立つ人もいましたが(思い出しても不機嫌なので、あえて名前は出しませんが)、
孫オーナーについては、そんな心配は要らないようです。

そして、夢を夢のままで終わらせてこなかった人だけに、これからどういう事になっていくのか、
注目というよりも期待、ですね。

by takanomichi | 2005-01-25 00:57 | Hawks


<< 覚えましょう 新しい名前      どこもかしこも激しい競争の話 >>