それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 02月 05日

キャンプ序盤雑感

4日間のご無沙汰でした。
平日は忙しくてブログ更新できないでいましたが、
その間もアクセス下さった方が、思っていた以上におられた事を嬉しく思います。
ありがとうございます…

更新できない間でもわずかな時間を使って、
スポーツ紙サイトでホークスのニュースをチェックしたり、
いろんなブログを見たりしていると…
書きたくて、もうウズウズしておりました(笑)

というわけで、休日の今日は久々に更新致します。
宮崎キャンプも始まりましたし、まずはネタ集めって事で、
いつものようにスポーツ紙サイト巡りで最新のホークス情報を
仕入れようと思ったら…

今日、練習お休みだったんですね… ○| ̄|_

仕方がないので、ちょっと前の話題も含めて、キャンプ中の私の雑感なんぞを
書いてみようと思います。
要は、いつもの小ネタ集です(苦笑)



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
あらためて新ユニに思う

「毀誉褒貶」から「誉」と「褒」を抜いた評判を散々巻き起こしたホークス新ユニですが(苦笑)、
キャンプが始まり、実際にこのユニを身に纏い練習する選手の姿を見ると、
あのホーム用新ユニも、私はもう見慣れてしまいました(笑)

福岡以外の地域に住むホークスファンにとっては、
ニュースなんかでホークスが取り上げられる時間も短く、新聞の扱いもハッキリ言って小さいので、
目にする機会が少ない分、慣れるにも時間がかかるかも知れませんが(そう言う私も福岡県外人ですが)、
ホークス情報が頻繁に取り上げられている福岡に住む人の中には、
もう見慣れたという人も少なくないのではないでしょうか。

だから、福岡県外のホークスファンは、積極的にネット記事の写真を見るなり何なりして、
自ら見慣れるようにしていきましょう!
と言ったところで、今のところはユニ姿ではなく、
こういうグランドコート姿の写真が多いのですが…(笑)

まあ、何だかんだ言っても、開幕すれば新ユニを来た人で埋まるであろう
ヤフードーム(←これもまだ慣れないな(苦笑))のスタンドを想像できるのですけどね。

というわけで、私はもう新ユニのデザインにこだわりはありません。
って言いながら、発表から1週間近くたってこんな話をする事自体、こだわっている証拠じゃないか、
というツッコミが来そうなので(笑)、
新ユニのデザイン云々について取り上げるのは、ひとまずこれで最後にします。

それにしても…
あらためて1/30のお披露目会の映像を見たり、この写真を見たりしていると…
大村がいちばん新ユニ似合ってると思うのは私だけでしょうか(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この選手も変わる?

もちろん球団そのものが新しく変わった事で、ユニや球場名等いろんなものが変わるわけですが、
変わるのはそればかりではありません。

この選手がイメチェンを図ろうとしているのではないでしょうか。
今年も先発にリリーフに、マルチな活躍が期待される倉野信次です。

「朝の声出し」でこう一言。

 先発完封、中継ぎでは防御率0点台を目標に頑張ります。 
 優勝に大貢献できたら、夢でもある、僕を胴上げしてください。

どちらかというと、投手陣の中でもひっそりと目立たない存在で、
こういう発言で話題になるようなイメージは、
私にはなかったのですが…
昨年の大活躍でひと皮むけたか。今年は有言実行の倉野に期待です。
難しい役割を担う事になるでしょうが、頑張ってほしいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
3割30盗塁トリオ結成だ!

かつては
「30発カルテット」「100打点カルテット」を生み出した事もあるホークス打線ですが、
今年は「3割30盗塁トリオ」の誕生なるかもしれません。

実際に昨年3割30盗塁以上を達成した川崎宗則
盗塁は22個に留まったが3割達成の大村直之
この二人は普通に計算できますが(ちなみに昨年この二人は打率が全く同じ(.3032))、
セカンドの有力候補と目される新外国人、ホルベルト・カブレラの足にも期待できそうです。

強力な中軸の前で大村・川崎が1番・2番コンビを組む事で、
上位打線での得点力は十分期待できます。
あとは、カブレラがレギュラーを取れるか、そして何番を打つかで、
下位打線の得点力アップも考えられます。
もちろん、いくら足が速くても、打ってくれなきゃ意味ないわけですが、
打つほうもなかなか期待できそうです。

カブレラといえばライオンズばかりではないと言われるように、
「鷹のカブ様」と呼ばれるような(笑)存在感を見せつけて欲しいものですね。

ところで本題とは外れますが…
上のリンク先記事をよく読むと、背筋が凍るような事が書いてあります。

 カブレラは、01年オフに母国コロンビアで銃撃事件に遭遇し、
 臀(でん)部に銃弾を受けるまでは「100メートルを11秒台で走っていた」…

壮絶な経験をしてますね。野球選手からこういう話を聞くとは思いませんでした。
まだまだ治安の安定しない国がある事を、あらためて思い知らされます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
心の広さもメジャーリーガー

私がいろいろ語るよりも、この記事をお読み頂いた方が伝わると思います。

新外国人、バティスタとカブレラのいい話です。

メジャーリーガーはファンを大事にするとはよく言われてきましたけど、
一方で私の中では、彼らには「プライドの高い人達」というイメージがあり、
そのイメージがファンサービスとなかなか直結しないようにも思えました。

しかし、バティスタとカブレラのこの話を知って、私も考えをあらためる事にしました。

 記者「1人残らずサインをしてたよね?」  
 バティスタ「当然さ。オレは1人でここまできたんじゃない。
  (ファン)みんなの支えがあったからこそ、ここにたどり着くことができた。それが答えさ」


日本人の選手達にもすぐにバティスタを見習って行動して欲しい、とまでは言いません。
だけど、バティスタのこういう思いが、他の選手達にも響くものであって欲しい。
そう願わずにいられません。
プロ野球がずっとファンに愛されるものであり続けるために…

by takanomichi | 2005-02-05 23:56 | Hawks


<< 3万人! 3万人! 3万人!      新ユニ狂騒曲 >>