2005年 02月 23日

私の元気の素

いきなりからつまらない話で恐縮ですが…
最近ブログの更新もままならないくらい、仕事が非常に忙しく、
ストレスがもはや頂点に達しています。
今日はイライラして仕事が進まず、自棄になって早目に切り上げてしまいました。

b0040114_2251740.jpgそんな不安定な気持ちで帰りの電車に乗り込み、今日発売の週ベを開くと、
「キャンプの謎」という特集記事が載っていました。
詳しい内容は本誌をお読み頂くとして、
その記事の中に「キャンプ雑学Q&A」というコーナーがあり、
「一番練習時間が長いのはどの球団?」という問いがありました。

答えはホークスで「二軍は19時過ぎまでナイター練習」とあります。
そして、それに続く一文に私は大きな衝撃を受けました。

 
「毎日、最後まで練習をしている川崎宗則選手が球場を出るのはナント20時過ぎ。
 他球団ではもう食事を済ませてしまっている選手もいる時間だから驚きです。」

…言葉を失いました。
川崎の練習熱心さはあまりにも有名な話ですし、当ブログでも何度も取り上げた事があります。
シーズン中でも「最初に球場に来て、最後に球場を出る」という事は、よく知られている話です。
だから今回の週ベの記事で初めて知る話ではなかったのですが、
なぜなのか、頭をガツーンとやられたような衝撃を感じました。

いろんな思いが私の中で交錯しました。
川崎の変わらない練習熱心さに対して、素直に「スゴイなあ」という思い。
それから「どうしてそこまで頑張れるの?」という思い。
そして、自分は今の忙しさに嫌気がさしているけれど、川崎の頑張りとは比較にもならない…
「自分ももっと頑張らなくちゃいけないのではないか」という思いが出てきました。

もちろん、自分がちょっと頑張ったところで、川崎と同じように頑張れるわけではないけれど、
頑張る元気をもらう事はできます。
今まで何年も野球を見てきて、応援する選手の姿から元気をもらうという体験は何度かありましたけど、
今回は自分が精神的に弱っている時でもあったので、非常に心を動かされました。
まだ選手からこうやって元気をもらう事があるんだなあと、あらためて感じました。

川崎はこのキャンプ前に「レギュラー定着を目指す」という事を宣言しました。
誰がどう見てもレギュラーであるのは間違いないのに、
あえて自分をもう一度レギュラーを争う立場に追い込んで、新人選手のような猛練習に耐える…
普通の人間ができる事ではありません。
ただひたすら感心します。

そんな川崎の姿にはいつも、
「人間ってこんなに頑張る事ができるんだ」と思わせるものがあります。

「自分もちょっと忙しいくらいでヘコんだり、文句言ったりしてる場合じゃないぞ」
なんだかそう思えるようになりました。
考えたら不思議です。
川崎と私は別に同じ仕事をしているわけではないのに(当たり前ですけど(笑))
でも「もうちょっと頑張ってみようか」と、素直に思えるのです。

プレーや振る舞い、あるいは生き様そのもので
人をこうやって元気づけたり、勇気づけたりする事ができる…
野球選手ってやっぱりすごいパワーを持ってますよね。

ありがとう、川崎宗則。
あなたは今日、間違いなく一人の男に元気を与えてくれました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こぼれ話:
その週ベ今週号には、特別付録として「ベースボールカード」が付いていました。
これは、川崎・谷(バファローズ)・岩隈(イーグルス)の3人のうち、
いずれか1人のカードが入っているというものです。

「頼むからムネのカードが入っていてくれ!」
祈るような気持ちで封を開けると…

b0040114_22514597.jpg祈りが通じました!!

正直、ベースボールカードで、こんなに喜んだの初めてです(笑)
いやあ、本当感激ですよ。
冒頭に書いたように、今日は気分の良くない日でしたけど、
一転して素晴らしい日になりました(笑)


ぶっちゃけた話、もし川崎カードが出なかったら、このブログ上で
「どなたかお譲り頂けませんか?」と
ど厚かましいお願いをしようと考えていました
(笑)
よかった、よかった。

ちなみにもう一枚のカードは、今話題のダルビッシュ有。
…まあ、私も頑張るから、ダルビッシュ君、あなたも頑張れ(いろんな意味で)

by takanomichi | 2005-02-23 22:56 | Hawks


<< ポジション争い キャラ争い      話題のルーキー達が… >>