2005年 02月 27日

白星発進…ならず

[本日のオープン戦] 対ライオンズ(熊本・藤崎台球場) 
  ライオンズ 4-1 ホークス

今日が福岡ソフトバンクホークスとして迎えた、初のオープン戦の日です。
そのスタメンは以下の通りでした。

6 川崎
8 大村
5 バティスタ
D 松中
3 ズレータ
4 カブレラ
9 柴原
7 井出
2 的場
P 斉藤


城島が右肩の違和感の影響でスタメンを外れた事、
松中がこれまた左肩に違和感を訴えていてDHに回った事、
それらを除いてはほぼベストに近いメンバーを、
まだ肌寒い2月のオープン戦初戦から組んできました。

先発投手も、開幕投手有力候補のカズミですし、
ホークスの「本気度」の高さがうかがえます。
相手が宿敵ライオンズという事もあってなのでしょうか。
そのライオンズ、松坂が投げるわけでもないし、
カブレラも和田もスタメンにはいません。
随分ホークスと落差があるように思ったのですが…

ズレータの一塁起用は、交流戦をにらんでという事もあるのでしょうね。
外野の3名については、
今日スタメンの3名が開幕スタメンになるという報道もあるようですが、
果たしてどうなんでしょうか。
そして、昨日の当ブログで取り上げた「ギター侍」的場がスタメンマスク。
結果的には、今日はスタメン全員が途中で交代しました。
いろんな選手にチャンスを与えて、見極めていくんでしょうね。

…てな事を言ってる私ですが、
実際のところ、今日はリアルタイムで試合を見られませんでした(爆)
で、今ビデオ録りしていたものを、駆け足でチェックしています。

で、今日の試合の印象ですが…
いやオープン戦ですから、勝った負けたはあまりこだわりませんけど…ねえ。
打線はまあいいです。
新戦力のバティスタ、カブレラ、大村にヒットが出たのも良い材料です。
ただ、つながりを欠きましたね。
初回が勿体無かったですね。
大村が相手のエラーで出塁するも盗塁死。
その後にバティスタ・松中の連打が出るというチグハグぶり。

結局得点を上げたのは、6回の1点のみ。
ソフトバンクホークスの記念すべき初得点は、地味に本間の犠牲フライ

しかし、打撃陣よりも不安が残ったのは投手陣です。
カズミ&グーリンで4失点。
打たれるのは仕方ないとしても、
二人とも失点にフォアボールが絡んでるのがいただけませんね。
特に2回のカズミは、四球連発の後に打たれるという、最悪のパターンでした。

投手陣はまだまだこれからってとこでしょうか。
救いは、馬原が上々の内容だった事かな。
2イニングで4奪三振はお見事でした。

まあ、初勝利はヤフードームまでとっておいたのだ、
と考える事にしましょう(苦笑)
いよいよ3/1のドラゴンズ戦が、新生球団の本拠地初戦です。

試合全体の話はここまでにして、後は小ネタっぽい話を…

b0040114_5244128.jpg1回裏、ホークスが最初の守りについて、いきなり衝撃のシーンが
目に飛び込んできました。
先頭打者・栗山の打ち上げた飛球を追って、
センター・大村とショート・川崎が激突!
川崎はその場に倒れこんでしまいました。
しばらくして起き上がり、その後もプレーを続けたものの、
写真の通り、右肩を気にする場面もあったので、ちょっと心配です。
ついこの間も、ちょっと様子がおかしかった所だけに…


b0040114_5252916.jpgどこかでこういう間違いがあるんじゃないかと思ってたら、
いきなり今日のJ SPORTS中継がやってくれました。
今日試合に出ていたのは井出竜也です。
井手正太郎ではありません。
皆様にも是非覚えて頂きたいです。「で」の漢字が違います。


b0040114_526394.jpg今日の藤崎台球場のスコアボードです。
やっぱり「ソフトバンク」って、収まりにくそうですね…
そういえば、福岡ドームのスコアボードで、選手名が表示される所の
チーム名は「ダイエー」って表示されてましたね。
あそこに「ソフトバンク」って収まるのかなあ。
でも、収まらないからといって「ソフト」だけや「ソフトB」にするのは、
個人的には止めて欲しいと思います(苦笑)

by takanomichi | 2005-02-27 23:51 | Hawks


<< 連敗スタート…      ポジション争い キャラ争い >>