2005年 03月 02日

またもお預け 初白星

[本日のオープン戦] 対ドラゴンズ(ヤフードーム) 
  ホークス 4-4 ドラゴンズ ※規定により引き分け

またまた勝てなかったホークス。
しかし、
「勝ちに等しい引き分け」なのか、
「負けに等しい引き分け」なのか、微妙なとこだと思います(苦笑)
あれだけ打たれてよく負けなかったとみるのか、
最終回は勝ち越しまでいけたのではとみるのか…
ちなみに、試合後の王監督の第一声「黒星がつかなくて良かった」

オープン戦も3戦目。
3試合とも先発投手が良くないですねえ。
今日の杉内もいけませんでした。
ただ初回については、捕手・大野も含めたバッテリーに問題ありでした。
3安打を打たれた事もさることながら、3盗塁を許したのはいけません。
盗塁2つがことごとく点に絡みましたしね。
いきなり2点リードを許す苦しいスタート。

それでも2回裏に、満塁の場面で宮地が巧いバッティングを見せ、
2点タイムリーで同点に追いつきました!
しかし、そこから突き放す事ができない。
以後はチャンスをなかなか掴めず…
いや、5回裏に1アウト満塁のチャンスはありましたが、
バティスタが併殺打…

昨日と同様、今日も中日の新人投手陣にしてやられました。
2番手~4番手で投げたルーキー、樋口・中田・金剛が好投。
昨日の石井・鈴木も併せ、ルーキー5人が結果を残した中日投手陣。
落合さん…どれだけいいピッチャー出せば気が済むんですか?(涙)

ただ、味方が打てない中でも、ホークス投手陣は踏ん張りました。
杉内は2回以降は立ち直り、3イニングをパーフェクト。
吉武も上々のピッチング。
そした驚いたのは、3番手で出てきた松でした。
7回に登場し、何と三者連続三振!
そして8回も先頭打者を三振に切って取り、四者連続三振!

確かに昨年後半、ワンポイントリリーフやセットアッパーとして、
安定した結果を残した松ですが、それにしてもこれはスゴイ。
何か別人のように見えました(笑)

しかし、続く小山に2塁打を打たれてからおかしくなります。
内野ゴロと四球で1・3塁になった後、井端にタイムリー3塁打を打たれ、
再び2点のリードを許す事に…
嗚呼、松はやっぱり松だったのか…
(ここで言う松は、昨年前半の打たれまくっていた松の事です)

それにしても、あの荒木・井端の1・2番コンビ、どうにかなりませんか(涙)
初回といい、8回といい、この二人がしっかり点に絡んでいます。
井端は今日は3打点と大活躍でした。

また負けか…
正直、私も覚悟を決めていた9回裏。
1死1・2塁から、またも宮地がタイムリー!
1点差に詰め寄った後、大村にもタイムリーが飛び出し、ついに同点!
よし、次の川崎でサヨナラタイムリーだ、
という期待をしたものの、打席に立つのは右打ちの選手。
ん?と思ったら、途中から森本が守備についていたのでした…

結局森本は三振に倒れ、試合終了…
惜しくも引き分けに終わりました。

ただ、9回のチャンスは確かに見応えありました。
オープン戦3試合目にして、初めて気分が高揚する感じがしました。
チャンステーマに合わせて、思わずテレビの前で
「わっしょい!わっしょい!」ってやってしまいましたよ(笑)

勝てないながらも、少しずつムードは盛り上がっている。
そう思いたいです。
まだまだヤフードームでのオープン戦は続きます。
明日からはカープ、ベイスターズ、そして週末はジャイアンツ2連戦です。
そろそろ「ソフトバンクホークス初勝利」を見たいです!

それにしても、今日3打点、打線で孤軍奮闘といった感じの宮地。
昨シーズンもこの人は、負け試合の中で一人気を吐くパターンが多かったですね(苦笑)
今日は負けこそしなかったものの…ねえ。

by takanomichi | 2005-03-02 23:04 | Hawks


<< 祝 「福岡ソフトバンクホークス...      ラミレス 今年のパフォーマンス >>