それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 04日

拙攻、拙攻、また拙攻

[本日のオープン戦] 対ベイスターズ(ヤフードーム) 
  ホークス 2-2 ベイスターズ ※9回規定により引き分け

平日のデーゲーム。
当然、リアルタイムで見られるわけもありませんでした。
職場のパソコンでこっそりネット中継を…と思っても、
最近よく言われる機密保護とやらで、私の職場もネット接続できるパソコンが限られており、
それもままなりません。
まあ接続できたところで、そんなの見てるところがバレたら大変ですが(笑)

そんなわけで、仕事中にこっそり携帯の速報をチェック。
気になって何回もチェック。そのたびに周囲の目を盗む…
あんまり目を盗んでばかりいたので、
目がいっぱい手に入りました。

…すみません。くだらない事ばかり言って(苦笑)
試合の話をしましょう。
例によって、録画しておいたビデオを駆け足で見ただけなので、
あまり詳しくは書けませんが、とりあえず振り返ると…

先発投手は馬原。
昨年、前半はローテにも入っていたものの、後半はサッパリ。
名誉挽回を期して、契約更改の席には丸刈りで登場し、
2年目のシーズンに賭ける気合を見せていた馬原です。

先日の西武戦では、2イニング4三振の快投。
今日はうって変わって、打たせて取るスタイルのピッチング。
コントロールも良く、緩急を上手く使い、相手の打ち気をそらす投球でした。
結果は5イニングで、三振はわずか1つに終わったものの、1失点に抑えました。
5回に2アウトを取ってから、連打を許して1点を失ったのは勿体なかったけど、
それ以外は十分合格点でしょうね。
特に2回から4回は全て三者凡退と、完璧でした!

先発の所謂「四本柱」(斉藤・新垣・和田・杉内)以外に、
5人目・6人目の先発争いに注目が集まるホークス投手陣。
今日の馬原は、先発争いに大きくアピールできたはずです。

しかし、ハッキリ言いまして、今日は打線に大いに不満ありです。
とにかくランナーは毎回のように出すのです。
でも点に結びつかない…

3回に満塁のチャンスを迎えるも後が続かず、
4回のノーアウト一・二塁には併殺。
6回・7回も、2イニング続けて併殺…
チャンスをことごとく潰しまくり…
昨シーズン、当ブログでも何度も「拙攻」という言葉で
打線の不甲斐なさを嘆いた事がありましたが、
それを思い出させるような感じでしたね…

5回にバティスタの待望の初タイムリーが出たのと、
8回に本間の「結果的には非常に貴重な」タイムリー2塁打で
1点ずつを上げましたが、得点はこれだけに終わりました。
9安打を放ち、横浜投手陣から5つの四死球をもらったのに…

ピッチャーに話を戻すと、馬原の後に投げたグーリンですが、
こちらは馬原とは180度違い、4イニングの間、毎回走者を許しました。
しかし取られたのは1点。
出ましたよ、グーリンマジック(笑)

昨日、今日と投手陣は、まずまずの結果を残しています。
あとは打線の復調待ちですね。
まあ、まだ勝敗を気にするような時期ではないかも知れませんが、
たとえオープン戦でも、試合に勝てば嬉しいし、負ければ悔しいのが
ファン心理というもの。

週末のジャイアンツ2連戦、スカッとした試合を見たいです。
3月だというのに冷えこむ日が続きますが、
打線まで冷えこまないで下さい(苦笑)

by takanomichi | 2005-03-04 23:54 | Hawks


<< 寒い試合と寒い話題      祝 「福岡ソフトバンクホークス... >>