それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 03月 26日

記念すべき第一歩

[本日のホークス]対ファイターズ 第1回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 3-1 ファイターズ

祝 福岡ソフトバンクホークス、公式戦初勝利!
柴原、価値ある逆転3ラン!
初の開幕投手・和田、8回途中まで1失点の力投!
三瀬、満塁のピンチも切り抜け、今季初セーブ!
 
いやあ、ついに球春開幕です。
そして、新生ホークスにとって記念すべき初の公式戦、
見事な勝利で新たな歴史の第一歩を踏み出しました!

…って言ってますけど、実は私は今日の試合は、
仕事のため(なんでこんな時に(涙))リアルタイムでは見てません。
試合結果は外出先で知りました。
で、日刊九州の速報をチェックしてから、
録画していた試合を駆け足で見ているところです。

まあしかし、勝つには勝ったものの、試合経過を見ると
「ホークス、よくこれで勝ったよなあ」という感じがします(笑)

なんせ、満塁のピンチが3度もあったんですよね。(1回・8回・9回)
しかし、それぞれ和田・岡本・三瀬が抑えて点を与えず。
とりわけ、7回2/3イニングをセギノールのソロアーチのみに抑えた
和田の力投が光ります。
和田にとっては初の開幕投手の栄誉。
しかし、この人は一昨年の日本シリーズ第7戦とか、アテネ五輪とか、
大きな舞台には本当に強い!
8回にピンチを迎えて岡本にマウンドを譲りはしましたが、
オープン戦での好調ぶりそのままに、よく投げてくれました。

「よくこれで勝ったよなあ」と思うのは、もう一つ理由があります。
打線…見事に抑えられましたね(苦笑)
わずかに4安打。2番から6番にヒットが出ず。
普通は完封負けしててもおかしくありません。

しかし…7回、セギノールのホームランで1点先行されたその裏でした。
2塁打のカブレラとデッドボールの宮地を塁に置いて、
ラストバッター柴原
打球はレフト方向へ飛び、スタンド最前列に飛び込む
逆転3ランアーチ!
この回と満塁のチャンスを迎えた4回以外は、
ファイターズ先発・ミラバルに完璧に抑えられただけに、
非常に価値のある一発でした。

8回、岡本が見事にセギノールから三振を奪ってピンチを脱し、
試合は9回表。
1アウトから、今年もストッパーを務める三瀬が登場。
まず木元を三振に取りましたが、その後がいけません。
田中幸雄とアルモンテに連続ヒットを許し、
続く島田にはなんとストレートのフォアボール。

2アウト満塁。一打逆転の大ピンチ。
しかも迎えるバッターは新庄。
レフトスタンドから起こる「北の国から」のチャンステーマ。
この試合最大の三瀬場、もとい、見せ場。

しかし、さすがは三瀬店長。
自分で作ったピンチは自分で始末します。
新庄を三振に取って、ゲームセット!
最後は見事な閉店作業でした。
いやー、この場面は録画で見ていても、
ヒヤヒ・ヒヤヒヤしました(←わかる人はわかりますね(笑))

柴原のホームランが出た時「泣きそうになりました」
お立ち台で語った和田。
絶対に点を与えられないという重圧と、何とか点を取って欲しいという願い…
冷静に投げているように見えても、心の中は穏やかではなかったのでしょうね。

よく「開幕戦の勝利は、普通の一勝よりも大きな意味がある」というような事が言われます。
もちろんそういう意味でも大きな今日の勝利ですが、
それと同時に、普通はとても勝てそうにないような展開で勝てたというのが、
ものすごく大きな意味を持つと思います。
ご存知の通り、万全とは言えない状態で開幕を迎えたホークス。
しかし、それでもこんな勝ち方ができるなら、これからもやっていける、
という手応えがあったのではないでしょうか。

しかし、それにしても、携帯の速報でスタメンを見た時、
「4番ファースト 松中」の文字を見た時は、我が目を疑いました。
出ると言ったら出るんですね、この人は…
本当に無理はして欲しくないのですが、この精神力にはただただ脱帽です。

いろんな意味で大きな一勝をあげたホークス。
明日の試合も楽しみになってきました。

実は、明日またヤフードームへ行ってきます!
今日の勝利を生で見られた人が、正直羨ましいですが、
明日は私にも感動の勝利を見せて欲しいです。
新垣、頼んだぞ!

by takanomichi | 2005-03-26 23:24 | Hawks


<< 博多駅前にて      Bs-T 観戦記 >>