それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 11日

勝ち投手も負け投手も完投って…

[5/10のホークス]交流戦 対カープ 第1回戦 (ヤフードーム)
  カープ 2-1 ホークス 

杉内、君はよく投げた 完投報われず今季初黒星
鷹打線、黒田の前に散発4安打に沈む
マリーンズ連勝の裏で痛い連敗 再び3.5ゲーム差

うむむ。先日のスワローズ戦の時と違って、昨日はケーブルテレビで中継があったにも関わらず、
残業やら飲み会やらで、一切試合を見る事ができませんでした…
ニュース映像も、今朝になってやっと見たという有様。
なんか世間では交流戦でエラく盛り上がっているようですが、
交流戦に入ってから1試合もホークス戦を見ていない私は、
すっかりそれに乗り遅れてしまいました(悲)

…すみません。朝から愚痴っぽくなってしまいまして。
まあ、それでなくても負けた試合の翌朝ですからねえ。
とはいえ、試合を見られなかった時、勝った時は「見たかったなあ」と思う事はあっても、
負けた時にそう思う事はそんなにありません。
しかし、昨日の試合は負けたのに「見たかったなあ」と思います。

なにせ、ホークス・杉内、カープ・黒田の両先発投手が、ともに完投ですよ。
勝ち投手も負け投手も完投なんて、投手の分業制が確立した最近の野球では、
滅多にお目にかかれませんよ。

それだけ両投手の投げ合いが素晴らしかったという事なんでしょうね。
今季開幕から絶好調。この日、4月の月間MVPに輝いた杉内
昨日も前半は完璧だったようですね。
しかし、後半にラロッカのソロアーチ2発を浴びました…
与えた点はこの2点だけ。
9イニングを被安打6本・2失点に抑えたのだから、投手の仕事としては十分合格点なんです。
でも、報われない好投になってしまいましたね。

それは言うまでもなく、打線が抑え込まれてしまったからです。
杉内も良かったのですが、いかんせん黒田がそれを上回る好投でした。
ホークス打線は散発の4安打。
唯一のチャンスらしいチャンスだった6回の1アウト1・3塁の場面で、
バティスタのショートゴロの間に1点を上げるのがやっと。
試合はこれで同点になったのですが、7回表にラロッカの2本目のアーチで突き放され、
追い上げられないまま試合終了…
まあ、上記の6回以外でヒットがわずか2本では、追い上げようもありませんね。

黒田はこれでセ・ハーラートップの5勝目。
パ・ハーラートップタイの杉内との投げ合いは、
いわば現在両リーグでトップクラスにある投手の対決。
さぞかし見応えがあったかと思います。
球場で見ていた方は、勝って嬉しい、負けて悔しい、という違いはあるでしょうけど、
「いいものを見られた」という満足感は、みんなあったのではないでしょうか。

あと非常に早く試合が終わったのは、みんなにとって良かったですね(笑)
なんせ試合時間、2時間20分ですから。
※もっとも、この日行われた巨人-オリックス戦は、もっと短い2時間7分。
 高校野球並みですな。

とはいえ、痛い負けには違いありません。
こんな負け方をする時もある…それはわかっているのですが、
2戦続けて打てずに負けているのは心配ですね。
今日はそんな状況を打ち破るべく、打ってスカッと勝って欲しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんな時は少しでも明るい話題を…
川崎が2軍戦に出場しました。
ヒットは打てなかったようですが…
でも、いよいよ復帰が近づいてきたかな?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
月間MVPについて思う事をもう一つ。
もちろん4月の杉内は文句の付けようがない活躍だったし、
月間MVP獲得は大いに納得です。
が、4月に10セーブをあげた三瀬にとっては、なんとも惜しい事になりましたね。
セ・リーグで1勝8セーブの岩瀬(ドラゴンズ)が月間MVPを獲得しただけに、
三瀬にも獲らせてあげたかったなあ、とも思います。
(ちょっと贔屓目も入ってますが(笑))

by takanomichi | 2005-05-11 07:34 | Hawks


<< エース完全復活の日      打線爆発の後の反動か? >>