2005年 05月 14日

またまたまた逆転勝利!

[5/13のホークス]交流戦 対ドラゴンズ 第1回戦 (ナゴヤドーム)
  ホークス 5-2 ドラゴンズ  

松中・城島・ズレータ 3連打で竜の守護神を攻略!
追撃打・宮地、代打アーチ・井出、ベテラン陣もいい仕事
必死の投手リレーでドラゴンズの反撃を封じる!

今回もまた試合を見られず、映像はニュースで見ただけなのですが、
そんな時に限ってしびれるような逆転勝ちをするんですよねえ(苦笑)
まあ、試合を見られようが見られまいが、勝ってくれる事が何よりなのですが。

とにかくまた逆転勝ちです、ホークス。
今季27勝中、15回目の逆転勝ちだそうで。
確かに終盤の逆転劇が多いなあとは思ってましたが、あらためて数字で見るとビックリですね。

前半は両チームともに、毎回のようにランナーを出すものの点が取れないという展開だったようですね。
仕事中に携帯で速報をチェックしていたのですが(ちゃんと仕事しろよ)、
0-0で続いていく展開に「すごい投手戦だな」と思っていました。

しかし実際は、ホークス・新垣、ドラゴンズ・川上ともに調子はいまいちだったのですかね。
特に新垣は毎回ランナーを許し、フォアボールも多かったようで。
6回に2点を失い、7回表に打順がまわってきたところで代打を出され(結果的にこれが当たるのですが)、
交代となったのは、仕方ないところでしょうね。
頑張るんだけども勝ち星に恵まれない新垣…次回に期待です。

相手のエース・川上も、ほぼ毎回安打を許すなど良くはなかったようですが、
要所を締められ、ホークスは6回まで無得点。
しかし、2-0で迎えた7回表。
ズレータの2塁打でチャンスを掴むと、新垣の代打で起用された宮地のタイムリーで反撃開始。

そして8回表。
四球で出た代打・稲嶺を塁に置いて、内野ゴロを打ったカブレラの折れたバットが川上の左足を直撃
ここで川上が降板。
マウンドにはドラゴンズの守護神、今季ここまで無失点の岩瀬が上がりました。
ドラゴンズは必勝パターンで逃げ切りを図りにきました。

しかし、この1アウト2塁の場面で、松中がレフトへ同点タイムリー!
続く城島もセンターへ弾き返してチャンスを広げ、
ズレータのライトへの2点タイムリー2塁打で、ついに逆転!
主軸3人が3方向に打ち分ける連打で、試合をひっくり返しました!

ドラゴンズとしては、やはり岩瀬の登板は、予定よりちょっと早かったのでしょうね。
そしてその事が、岩瀬の調子に微妙に影響したのかも知れません。
カブレラの折れたバットが川上に当たっていなかったら、この逆転劇は起こらなかったかも。
これだから野球はわからない…

そして、今日もまたまたリリーフ陣大活躍。
岡本・フェリシアーノ・吉武・神内・三瀬と、まさにフルキャスト。
(ここはナゴヤドームですが…そんなくだらない事言ってる場合じゃないですね)
このメンバーで7回からの3イニングを無失点!

そして9回には、代打で登場のベテラン・井出が見事な代打ホームラン!
これでとどめをさしました。

相手に流れを持っていかれながらも、
最後はわずかなチャンスをものにして逆転勝利を収めたホークス。
こういう勝ち方ができるところに、ホークスの強さを感じます。
そして何より、
「最強投手陣を誇るドラゴンズのエースと守護神に勝った」
この事実が、ホークスにとって自信を与えるのは、間違いありません。

さあ、今日も勝って連勝といってもらいましょうか!

by takanomichi | 2005-05-14 07:14 | Hawks


<< またまた遠征に      「井川、完封!」の記事 >>