それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 15日

後味の悪い試合でした…

[5/14のホークス] 交流戦 対ドラゴンズ 第2回戦
  ドラゴンズ 3-2 ホークス

ホークスファンの皆様、おはようございます。
皆様にとっては、今朝は寝覚めの良くない朝ではないでしょうか。

そりゃあ、野球ですから勝つ事も負ける事もあるのは当然です。
しかし、こういう負け方は…何か心にひっかかるものが残ってしまいますね。

b0040114_10464048.jpg今、まだ名古屋にいますので、更新は難しいかなと思ってましたが、
こんな新聞(写真)を見ると、何も言わずにおれなくなり、
しかも泊まったホテルの隣がネットカフェという
立地条件に恵まれ(?)、そこから更新です。


まあ何はともあれ、ホークスにとっては
「審判の判定に泣かされた試合」そう言ってしまっていいと思います。

まず6回表。ズレータが2塁へのスライディングで、守備妨害でアウト
(しかも打ったカブレラもアウトになり併殺)になった件ですが…
これにつきましては、テレビ等で映像を見たわけではないので、
断定的な事は言えませんが、
レフトスタンドの前の方から見た限りでは、そんな故意にいったようには
見えませんでしたが…
(「そんなとこからちゃんと見えるか!」ってツッコミは承知の上です(苦笑))
レフトスタンドは大ブーイングでしたね。

b0040114_10462455.jpgでも、この「中日スポーツ」の記事には、
この時ズレータが死球で塁に出た事に絡めて
「死球報復!?スライディング」なんて書いてます。
なんという書き方をするのかと思われたホークスファンの方もいるかと思いますが、
これがアウェイの現実です…


しかし、それはまだともかく、
7回裏の福留の「疑惑のホームラン」は、どうしても納得できません。

何も結果的にホームランとなった事だけが腹立たしいのではないのです。
一度出した判定を覆された事が、納得いかないのです。

最初からホームランと判定されていたなら、和田もまだ諦めもついたでしょう。
しかし、一度3塁打とされたものがホームランになったのでは、
心理的に大きく影響した事だと思います。
それは、他のホークスナインにとっても。

結果的にこの事がなくても試合には負けていたかも知れないではないか、
と言われればそれまでですが…
「もしこれが無かったら」と、どうしても考えてしまいます。

判定が間違いだったから正すというなら、
最初の判定が本当に間違いであった事を、納得いくように証明してほしいです。
ビデオを見るなり何なりして。
一度出した判定を覆す事は、それほど重たい事だと思ってもらいたいものです。

勝つにしろ、負けるにしろ、こんな後味の悪い試合はごめんです。
今日はもっとスッキリした試合を見たいと思いつつ、
ナゴヤドームへ行ってきます。

余談ですが…
「中日スポーツ」って100円なんですね。
毎朝120円~130円を出してスポーツ新聞を買っている身からすると、
名古屋の方がうらやましいです(笑)

by takanomichi | 2005-05-15 10:51 | Hawks


<< ちょっとヒヤヒヤしましたが…勝...      またまた遠征に >>