2005年 05月 25日

昨日の快勝の話、の前に…

今さらながらではありますが、書けていなかった土日の阪神戦の事を簡単に…

[5/21のホークス]交流戦 対タイガース 第2回戦 (ヤフードーム)
  タイガース 9-2 ホークス 

和田、今季最短4回2/3でKO
守備の乱れが響き、後半に痛い失点
鷹打線、11安打で2点 寒すぎる拙攻

[5/22のホークス]交流戦 対タイガース 第3回戦 (ヤフードーム)
  タイガース 8-4 ホークス 

リリーフ陣崩れ、接戦をものにできず
寺原、久々の先発も苦い結果に
鷹打線、虎リリーフ陣を攻め切れず

私にとっては複雑な3連戦だったわけですが…(苦笑)
まあ「それが鷹の道」と称するブログである以上、ホークスファンとして言いますと、
まったく喜べない土日でありました。

と言っても、土曜日は試合を見られなかったのですが、
和田が初回に四球を出して、金本に一発ガツンとやられて、リズムに乗れないまま
やられてしまった感じでしたね。
それでも、5回裏にに2点差まで追い上げたのですが、
その後守備の乱れが出て、それが余計な失点につながったのが痛かったですね。
これが、結局重くのしかかる事になってしまいましたから。

それと、この日は拙攻ぶりが目立ちましたね。
タイガース先発・下柳にしてやられたという感もありますが、
それでも5回までに7安打を打ちながら2点って…
でもそりゃそうですね。
その間に併殺が3つもあったのですから…
結局後半もランナーを出しながら、得点に結びつかずでした。
しかし、木曜日の工藤といい、下柳といい、元ホークスの投手にやられるというのは、
なんとも辛いですね…

そして日曜日は、ほぼフルタイムでテレビ観戦したのですが、
前半はハラハラ、後半はグダグダな試合になってしまいました。

1年2ヶ月ぶりの先発マウンドとなった寺原も、
タイガース先発・能見もともに乱調で、序盤は点の取り合い。
しかし、4回以降はタイガースの繰り出すリリーフ陣が、
素晴らしいピッチング(と言わせて下さい)
一方、ホークスリリーフ陣は、フェリシアーノ・神内・吉武という、
これまで完璧といってもいい救援をしてきた顔ぶれが、
ことごとく制球を乱して崩れていきました。

これまで本当に頑張ってくれたホークスリリーフ陣でしたが、
その疲れが出てしまったのでしょうか。
贔屓目無しで言わせて頂きますけど、
このところ、藤川・江草といったタイガースリリーフ陣の状態が
本当にいいです。
この試合は、そのリリーフ陣の出来の差がモロに出てしまった感じですね。

リリーフ陣が踏ん張れないのなら、先発がもっと頑張ってくれなくては…
そして、この悪い流れを断ち切ってくれなくては…
そう思っていたら、やっぱりあの投手がやってくれました!
と、半ば強引に24日(火)の試合にもって行きましょう(笑)

by takanomichi | 2005-05-25 07:00 | Hawks


<< 今日は大村さんデー!      複雑な3日間、の後… >>