2005年 06月 06日

復活した人と復活して欲しい人

[6/5のホークス]交流戦 対ジャイアンツ 第6回戦 (東京ドーム)
  ホークス 4-1 ジャイアンツ 

田之上、1年8ヶ月ぶりの復活白星!
馬原、3試合連続の好リリーフ!
緊急登板の吉武、今季初セーブ!
巨人バッテリーを揺さぶった、ジョーの頭脳プレー!

昨日は試合を観られず、帰宅したのも遅かったのですが、
取り急ぎ9回の攻防とヒーローインタビューだけ録画で見てみました。
もちろん結果は分かっていましたが、それでも見ごたえのある場面でした。

お立ち台で、田之上が実にいい笑顔でしたね。
1年8ヶ月ぶり、先発でとなると2年9ヶ月ぶりという、
長い長い間待ち望んだ勝利の瞬間。

2002年の開幕投手、かつてのエースが見事に復活を遂げました!
6イニングを投げ、失点は仁志のソロアーチの1点のみ。
毎回のようにランナーは出していましたが、4つも併殺を取ったのが大きいですね。

さて9回の攻防についてですが、まずホークスの攻撃時。
ズレータ敬遠の時に城島が3塁へ盗塁したのを見た時は、
我が目を疑いましたね。
あそこで走るなんて発想は、普通は浮かばないですよ。
それでも、敬遠で「ああ、1・2塁か」で終わるのではなく、貪欲に次の塁を狙おうとする
城島の姿勢が、巨人バッテリーに動揺を与えた事は間違いありません。
結果的には、久保はその後何とか2アウトを奪うも、大村にライトへ2塁打を打たれ、
2点を失う事になりました。
勝負を決定付ける価値あるタイムリー。
一歩間違えれば大チョンボになるとこだった城島の思い切った盗塁が、
貴重な追加点の呼び水になったと思いますね。

しかしその裏、投手がビシッと締めて終われば良かったのですが…

田之上の後は神内がマウンドに登り、さらにその後、
馬原がまたも上々の投球を見せ、3試合連続できっちり抑えてくれました。

そして9回裏の頭からストッパー・三瀬が登場。
まずはローズをセカンドゴロに打ち取ったものの、
続く小久保にフォアボール。
阿部は宮地のファインプレーもあってライトフライに終わり、あと一人までこぎつけたのですが、
続く清原にまたもフォアボール。
ストライク・ボールがはっきり分かれる投球。明らかにまだ本調子ではない。
まだ先日の金本へのデッドボールと危険球による退場の後遺症が、
三瀬にはまだ残っていたのでしょうか…

そして、代打・江藤にもフォアボールを与え満塁となったところで、
王監督は吉武への投手交代を告げました。
三瀬に何とか立ち直って欲しいと与えた登板の機会でしたでしょうが…

吉武としても、これは予期しない緊急登板だったでしょう。
しかし、代打・黒田をセカンドゴロに打ち取って試合終了!
見事に満塁のピンチを切り抜け、今季初セーブ!

投手陣が頑張って、巨人打線を1点に抑えましたが、
どうも三瀬が心配ですね…
今回も完全復活とはいきませんでした。
3回連続のリリーフ失敗…今がプロ野球選手として迎えた
最大のピンチかも知れません。

しかし、社会人時代、自ら現役最後と決めた年に見事に都市対抗出場を果たすなど、
土壇場での強さを発揮してきた三瀬の事です。
時間はまだもう少しかかるのかも知れませんが、
きっと今のピンチも自力で乗り切ってくれるはずです。
守護神の完全復活が待たれます。

そして、もう一人復活が待たれる投手がいます。
不振からファーム落ちとなってしまった新垣の事です。
確かに最近結果が出ていませんでしたが、ファーム落ちというのはちょっと厳しいのでは、
と私個人は思っています。
しかし、これが王監督の姿勢の表れなのでしょうね。

そうです。
今年のホークスは、投手・野手ともキャンプから激しい争いが繰り広げられてきましたが、
今もそれは続いているのです。
新垣も再び競争に勝ち抜いて、早く先発ローテに復帰してもらいたいものです。

by takanomichi | 2005-06-06 23:59 | Hawks


<< 返り討ち…      快投か、怪投か? >>