それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 22日

勝ったけど寒い試合…

[本日のホークス]対イーグルス 第8回戦 (フルキャストスタジアム宮城)
  ホークス 5-4 イーグルス 

バティスタ、逆転&ダメ押しのタイムリーで勝利の立役者に!
大村、なんと2日連続の4安打! カブレラも4安打!
城島、豪快に決めた17号2ラン!
和巳、投球内容は今ひとつも依然負け無し7連勝!

敵地でイーグルスに連勝しました。交流戦休みをはさんで5連勝です。

それはいいんです…
勝ったとはいっても、今日は本当に冷や汗もの勝利でした。
振り返って考えれば考えるほど、「よく勝てたなあ」と思います(苦笑)
勝ったから嬉しいには違いないのですけど、
正直言って、バンザイして喜ぶような感じではありません。
内容的にはとっても寒い試合でした。

何が寒いって、まず攻撃面ですが…
毎回安打の15本のヒットを打ったんですよ。
四死球も6つもらったんですよ。
それで得点が5点だけ、得点したのが5回と7回の2イニングだけって…
寒いでしょ?この拙攻ぶり。
特に8回・9回は続けて満塁のチャンスを潰してしまい、
私もテレビを見ていて、リードしているのにイライラしてしまいました。

投手陣も今日は寒かったですねえ。
まず先発の斉藤和巳
4回裏に益田のタイムリー(これは低めの球を巧く打たれましたね)で
1点先制を許してしまいました。
が、すぐその後、5回表にホークス逆転し、4-1とリード。

しかし逆転した後の和巳がよくありませんでした。
6回裏に沖原にヒットを許した後、トレーシーになんと3打席連続のフォアボール。
これがこの試合5つ目のフォアボール。
ヒットはあまり打たれませんでしたが、フォアボール多過ぎです。
結局そうしてピンチを広げたところで吉岡にタイムリーを浴びて降板…

後を受けたフェリシアーノも代打・ロペスに内野安打を許して、1アウト満塁のピンチが続きますが、
代わった吉武が後続2者を連続三振に取って、どうにかピンチ脱出。
しかし、その吉武も次の7回には崩れました。
7回表にホークスは1点を取って5-2としていましたが、
その裏に吉武が飯田・礒部に連打を許し、1・3塁から内野ゴロの間に1点を奪われました。
点を取ってもすぐ取られる最悪の展開…

続くトレーシーのところで神内登場かなと思いきや、なんと三瀬が登板。
昨日のような楽な場面でなく、ピンチを凌いでさらに自信を深めて欲しいとこでしたが、
いきなりトレーシーにフォアボール(これで4打席連続!)
コントロールが悪く、ボール球先行のピッチング。
4人くらいスリーボールになってたかと思います。
ストライクとボールがはっきりする、悪い時の三瀬に戻ってしまってました…

7回裏は何とか切り抜けましたが、8回裏に2アウトを取っていながら、
藤井にフォアボールを与え、ここで降板。
昨日のブログで「三瀬復調」みたいな事を書きましたが、どうやら時期尚早だったようです。
馬原への交代を告げた後、何度も首を捻りながらベンチへ戻る王監督の姿が印象的でした…
そして頼みの馬原も飯田・礒部の連打で1点を許してついに1点差。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
…と、ここまで書いて読み返してみると、なんか負け試合のようですね(苦笑)

この後は9回まで馬原がしっかり締めて、結局5-4で逃げ切り勝ち!
まあ、これだけマズい要素がありながらも勝てたというのは、
あらためてホークスの底力を証明したようなもので…って、フォローになってませんか(笑)

その底力を示してくれた選手は、まずバティスタですね。
5回表に1アウト2・3塁から勝ち越しの2点タイムリー!
7回表にも1アウト2塁から5点目となるレフトへのタイムリー2塁打!

結局この1点がすごく大きかったわけですね。
チャンスで続けていい仕事をしてくれました!

そのバティの活躍を演出したのが、今日も4安打と大活躍の大村
5回・7回ともに、大村がヒットでチャンスを作り、川崎がバントで送って、
バティが返すという理想的なパターンだったんですよね。

話が前後しますが、5回にはバティのタイムリーの後に、
城島がレフトへぶちこむ17号2ランアーチも飛び出しました!
1番から3番の調子が上がってきて、ジョーもまずまず好調キープ。
だから、あとはとにかく4番なんです。
この2戦でノーヒット。調子下降気味の松中の復調が待たれます。
あとは、今日は7番・カブレラ4安打を放ったのですが、
8番(井手→宮地)・9番(鳥越)が続けませんでしたね。

こんな試合内容であろうと、レギュラーシーズン1位を狙うからには、
勝つ事が全てです。
千葉マリンでマリーンズがファイターズに連敗。
ゲーム差はついに1.5ゲーム差まできました。
交流戦の間、あれだけ勝っても勝っても縮まらなかったマリーンズとの差が、
あっという間に縮まってきました。
勝負事とは本当に予想がつかないもので、それが面白いとこでもありますが。

お立ち台は3打点のバティスタでした。
「ファンの皆様にひと言」とマイクを向けられると、
「神が導いてくれる道にみんな従って下さい」と、
相変わらず熱心なクリスチャンぶりを感じさせるコメント。
「神に感謝します」というのは他の外国人選手でも聞きますが、
この人はそれだけでは終わらないんですよね。

で、バティスタさん。
その道の先には必ず「優勝」があるんですよね?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
追記:
大活躍のバティスタでしたが、ふと思い出しました。
7回のタイムリー2塁打の後に、なぜが3塁へ盗塁を試み、
見事にタッチアウトになった事を(悲)
あれは何が狙いだったのか、よくわかりません…
それとも、あれも神のお導きだったのでしょうか?(んなこたぁ無い)

by takanomichi | 2005-06-22 23:29 | Hawks


<< 明日から地元でパ・リーグ再戦      戦闘再開を逆転劇で飾る! >>