それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 06月 26日

3日分まとめて喜んじゃいます!

[6/24のホークス]対ファイターズ 第6回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 5-4 ファイターズ 

松中が眠りから醒めた! 13試合ぶりの24号アーチ!
和田、序盤苦しみながらも8勝目をマーク!
馬原、まさに完璧な締めで5セーブ目!
今季初の6連勝! マリーンズについに1ゲーム差!

[6/25のホークス]対ファイターズ 第7回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 6-5 ファイターズ (延長11回) 

激闘の延長戦、正太郎のサヨナラタイムリーで制す!
フェリシアーノ、吉武、馬原…リリーフ陣の頑張り光る!
大村、川崎、城島 チャンスでいい仕事!
50勝一番乗り! 7連勝でマリーンズにゲーム差無しに迫る!

[本日のホークス]対ファイターズ 第8回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 5-1 ファイターズ  

田之上、好投で超久々の地元での勝利!
松中、城島、ズレータ アーチ揃い踏みの不敗神話は続く!
ついに8連勝! もはや誰も止められない快進撃!

金曜日・土曜日とも試合はちょっとずつは見ていたのですが、
ブログを更新している時間が無くて
「連勝について書く前に、連勝がストップしたらどうしよう」
と心配をしていましたが、今日も勝ちました!
というわけで、3日分の喜びにひたっています(笑)

金曜・土曜はともに一時は相手にリードを許す場面もありましたが、
ホークス得意の逆転勝ちを飾ってくれました。

まず金曜日。
和田は立ち上がりに2点を失いましたが、その後はゼロに抑え7回2失点。
しかしながら、前半は打線が和田をなかなか援護できないでいたのですが、
5回に川崎のタイムリー等で同点に追いつき、
6回に松中の実に13試合ぶりのホームランで勝ち越し!
最近ますます好調の打線にあって、唯一の不安材料と言ってもよかった主砲の不振。
しかし、これが立ち直るきっかけになったようですね。
この前日に休日返上で王監督も練習につき合うなど、
不振脱出へ懸命になっていましたが、
その成果が素晴らしい形で出ました!

続いて土曜日。
この日の私は、6回表に神内がSHINJOに逆転3ランを打たれたところまでしか
試合を見られず、正直言って勝利は諦めかけていました。

しかし、考えてみれば、何も1点差で諦める必要はないんですよね。
この日も逆転された後にドラマが待っていました。
8回裏にヒットの宮地を塁に置いて大村が同点タイムリー!
延長戦にもつれこみましたが、最後は井手正太郎が、初のサヨナラヒット!

ああ、その場面を見たかったなあ。
ビデオ録画していたのですが、途中で切れていました…(悲)
そりゃだって、5時間近い長い試合になるとは思いませんもの。
と言いながら、私は現地に観に行った開幕第2戦の時も
同じ失敗をしていたりなんかします(苦笑)

それはそうと、ホークスはファイターズに大きく勝ち越してるわけですが、
その割りには、もつれる展開の苦しい試合が多いような気がします。
開幕2連戦しかり、この金曜日・土曜日の試合しかり…

それにしても、正太郎のサヨナラ打も勿論喜ばしいのですが、
逆転された後に登場したリリーフ陣が、好投してくれたようですね。
フェリシアーノが2イニングをノーヒット。
吉武も2イニングをノーヒット。
2人ともいつもに比べてちょっぴり長いイニング数だったでしょうが、
ここで相手に点を与えなかったのが、逆転劇を呼びこんだといってもいいでしょうね。
金曜日からの連投になり4勝目を上げた馬原ともども、いい働きをしてくれました!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして今日の試合は途中までテレビで観て、
今しがた続きを見終わったとこですが…
ヒヤヒヤする場面もあった金曜日・土曜日とは違い、
今日は完璧といってもいい試合でした!

その一番の立役者はやっぱり田之上でしょうね。
低目を丁寧につくピッチングで、7イニングをSHINJOのソロアーチの
1点だけに抑える見事な投球!
これで2勝目。完全復活、そして先発ローテの5人目確定、
と言っていいでしょうね。
田之上の地元でのお立ち台って、いつ以来でしょうか。
2002年9月以来の地元での勝利、晴れやかな表情が印象的でした。

それから、MJZ砲のホームラン揃い踏み!
今日球場に行ってたホークスファンは大喜びでしょうね。
この3人アーチ揃い踏みの日は、確か今季は負け無しですよね。
さらに、松中・城島のアベックアーチの日はなんと
「2001年8月3日から負け無しの22連勝」
だそうで、ここまでくるともはや偶然でも何でもないですね。

さてホークスが連勝を伸ばしている間に、マリーンズがよもやの3連敗。
土曜日の時点でついにゲーム差無しに迫りました!
今日はマリーンズも勝ったので、依然ゲーム差無し、勝率でマリーンズ首位ですが、
ホークスは最高の形で千葉に乗りこんで、いよいよ直接対決です。

王監督は
「まだこの時期にどうこう言うことはないが、
(ロッテとは)まだ負け数の差が2つあるから2ゲーム差だと思ってる。」

と慎重な姿勢を崩していませんが、
連勝を10に伸ばした時、負け数でも追いつく事になります。
目下ホークス投手陣の左右の軸、杉内・斉藤和巳で、
きっちり頂いて首位奪回といってもらいたいものです。
本当に楽しみな対決になりました!

思い起こせば、この6/28・29のマリーンズvsホークス2連戦は、
当初は韓国で行われる予定だったんですよね。
その場合は下手すると中継が無いという事態も考えられたと思うので、
よりによって注目の首位攻防戦が見られなかったかもしれないと思うと、ゾッとします。
実際は、スポーツ・アイで生中継の他、24時からJ SPORTS1でも録画放送がありますので、
仕事で帰りが遅くなっても大丈夫ですね。
夜ふかしさえ気にしなければ(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
最後に、私が個人的に注目している2人の選手について
この3日間のことを…

その1:川崎宗則

 川崎ファンとしては、ぜひともこの話にふれたかったのに、
 すっかり書くタイミングを失ってしまいました…
 が、やっぱり書いちゃいましょう(笑)
 選手の名前がついた弁当などはよく聞きますが、
 パフェに名前がついた選手なんて今までいたでしょうか(笑)

 このパフェの写真を見て、「美味しそう!」と思ってしまった私…
 はっきり言って甘党です(笑)
 しかし食べるためには、スーパーボックスに行かねばならないんですよね…

 もちろん川崎に注目するのは、パフェの事ばかりじゃありません。
 金曜日・土曜日と2試合連続でタイムリー!
 最近、いいところで本当によく打ってるし、調子をグングン上げてきました。
 土曜日の試合で、初回に右膝付近にデッドボールを受けてうずくまってしまった時は、
 本当にヒヤリとしましたが、その後も元気にプレーを続けました。
 やっと調子を取り戻してきたのだし、もうケガによる欠場なんて御免です。
 そういう事が無い様に、祈るばかりです。


その2:三瀬幸司
 
 金曜日の試合で8回表の頭から登板。
 が、先頭の小笠原に投げた初球のスライダーが甘く入り、
 なんといきなりホームラン。
 そしてこの1球だけで降板…
 
 「もうファームで再調整するしかないのでは」
 正直言って、私はそう思いました。
 しかし、王監督は何とか試合の中で立ち直って欲しいと
 思っているようです。

 今日は9回表、セーブのつかない気楽に投げられる場面での登板。
 木元に四球を与えるなど、まだもたつくところはありましたが、
 何とか無失点で切り抜けました。
 今度こそ復活のきっかけにしてほしい…そう願わずにいられません。

by takanomichi | 2005-06-26 23:17 | Hawks


<< 9連勝だ! 首位奪回だ!      明日から地元でパ・リーグ再戦 >>