2005年 07月 19日

連敗脱出で前半戦締め括り!

[7/16のホークス]対ライオンズ 第10回戦 (ヤフードーム)
  ライオンズ 3-2 ホークス 

11安打を放つも13残塁 虚しすぎる拙攻
和田、8回被安打6の力投も報われず

[7/17のホークス]対ライオンズ 第11回戦 (ヤフードーム)
  ライオンズ 4-3 ホークス 

新垣、復活のマウンドで好投も白星で飾れず
馬原が崩れて、悔しい2試合連続1点差負け

[7/18のホークス]対イーグルス 第12回戦 (ヤフードーム)
  イーグルス 7-5 ホークス 

イヌワシ打線に17安打を浴びて完敗
バティスタの2発も、勝利に結びつかず

えー、当ブログは勝った時しか更新しないようになったわけではありません(汗)
それにしても昨日までの3試合、思いもよらぬ3連敗。
その間、城島の故障寺原の故障といった
辛い事も起こりました。

15連勝の時の勢いはどこへやら。
沈滞ムードが漂っていたホークス。
しかし、今日は…

[本日のホークス]対イーグルス 第13回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 7-4 イーグルス 

前半戦の最後に連敗脱出! 早くも今季のイーグルス戦勝ち越し!
松中、ホームランキング快走の33号!
こちらはハーラートップ快走 杉内13勝目!
宮地、球宴壮行試合を自ら猛打賞で飾る!

城島がスタメンから外れると同時に、連敗が始まってしまいました。
言うまでもなく、現在のホークスにおいて、城島の存在はとてつもなく大きいわけです。
それだけに「あ、このチームはやっぱり城島がいないと…」
という印象を他チームに持たれかねないわけです。
実際こういった記事も書かれたりなんかしてますし。

単純に比較はできないと思いますが、現在スワローズがいまいち波に乗り切れないのは、
やはり古田の欠場やスタメン落ちが多くなっている事に、大いに関係していると思われます。
それと城島がスタメンにいないホークスが、どうもかぶってしまいます。
だからとにかく早く、城島がいなくても勝つ形を作る必要があったと思うのです。
その意味で、今日の勝利は大いに意味があったと思います。
昨日までの3試合のスタメンマスクは田口でしたが、今日は的場
リードでなかなかの頑張りを見せてくれました。

ただ、今日の城島は代打ですら出番が無く、
連続試合出場は351試合でストップという事になってしまいました。
これは非常に残念な事です。

そして、今日の試合ではもう一つポイントがありました。
ここ最近ちょっとヘバり気味だったのか、吉武馬原が打たれる場面が目立ってましたが、
今日は2人とも上々のピッチング。
先発から吉武-馬原のリレーで逃げ切るという、ホークス野球のあるべき形を
ようやく取り戻しましたね。

先発・杉内は7回途中までで7安打4失点と、
今年の杉内にしてはもう一つといったところか。
しかし、リリーフ陣の頑張りもあって、しっかり13勝目をゲット!

打線についてもふれておかねばなりませんね。
初回の宮地・カブレラの連続2点タイムリーで見事な先制攻撃!
そして、松中がトップ独走の33号アーチ!
打つべき人が打つという意味では、これもまたホークス本来の形を取り戻したと
言えるでしょうね。

悪い流れになっていただけに、前半戦最後の今日、
勝つのと負けるのとでは、大いに違ったと思います。
2ヶ月後、ホークスは優勝を決めている事でしょうが(確信)、
その時、今日の試合はポイントの一つになっているような気がします。
いい形で7/26からの後半戦に入っていく事ができそうですね。

というわけで、
「後半戦もチョーゴキゲン」(笑)
(from 本日のバティスタのお立ち台)

by takanomichi | 2005-07-19 23:52 | Hawks


<< 本日のオールスター      3連休の間… >>