2005年 08月 01日

首位攻防戦、第2ラウンド大敗…

[7/31のホークス]対マリーンズ 第13回戦 (ヤフードーム)
  マリーンズ 12-2 ホークス 

新垣大炎上 自己最多の11失点でKO
松中35号、ズレータ久々の29号も焼け石に水

今日は試合を見る事ができませんでした。
昨日と違って、今日はデーゲームという事はちゃんとわかっていましたけど(笑)
試合の結果は、外出先で携帯でチェックしましたが…
結果を知った瞬間に、試合を見なかった方が幸せであると感じました(悲)

正直、帰宅してからも録画を見る気がしなかったのですが、
ハイライト映像だけ見ました。

とにかく新垣が悪過ぎましたね。それに尽きると思います。
初回に6失点、3回に5失点…
はっきり言って、序盤から11点も与えたのでは試合になりません。
しかも、相手の4番打者(ベニー)が初回に退場になるという、
いわばいきなりハンディキャップマッチになったようなものなのに、
この有様ですから…

これでは打線も援護のしようがない。
もっとも、今日はその打線も渡辺俊介の前に、
ソロアーチ2本の2点だけに抑えられました…
(ヒットは9本打ってるのに)

救いは、松中とズレータのホームランと、
新垣の後を受けた4人の投手で5イニングを1点に抑えた事か。
ただ、松本やフェリシアーノについては、ちょっと四球が出ているのが気になりますけどね。
9回の1イニングを三者凡退で抑えた三瀬は、良かったようですね。

これで対マリーンズは6勝7敗と、再び1つの負け越し。
ヤフードームでの試合に限ると、3勝5敗。
5/1には、今日と同じように、15-3で大敗なんて試合もありました。
加えて、今日の試合の映像で見たのですが、
レフトスタンドの黒い部分の面積が、明らかに大きくなってきています。

これらの事を考えると…
プレーオフが心配になってきます(涙)
8月の終わりにまた、ヤフードームでのマリーンズ戦が予定されています。
そこで嫌な流れを断ち切ってもらいたいものです。

by takanomichi | 2005-08-01 01:44 | Hawks


<< また完封負けですか…      首位攻防戦、第1ラウンド快勝! >>