2005年 08月 03日

サムライ魂炸裂で逆転勝利!

[8/2のホークス]対ファイターズ 第12回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 4-3 ファイターズ 

ズレータ、一発逆転のグランドスラム!
和巳不敗神話は続く 無傷の11連勝!
吉武→馬原のリレーで、勝利の方程式復活!

ここへ来て仕事がまた忙しくなってきて、なかなか試合を見られません…
こんな時はいつも、ニュースや中継のハイライト映像で見るだけですが、
6回裏だけは、録画したものを頭から見ました。
その感動を少しでも味わうために。

前半は月曜日と同様、またも苦戦だったんですね。
斉藤和巳は立ち上がりに3安打を集中され、セギノールのタイムリーなどで2点を献上。

いや、むしろ2点ですんだと言えるかもしれません。
1点を失い、1アウト満塁で稲葉の当たりはセカンドへのライナー性の当たり。
これに稲嶺が飛びつくが取れず→川崎が拾って2塁ホースアウト
→さらに3塁へ送球し、2塁ランナータッチアウト
この間に3塁ランナーが生還して2点目が入ったものの、
珍しい形のダブルプレーでチェンジ、という場面がありましたね。
もし、この当たりが外野へ抜けていれば…と考えるとゾッとします。

一方打線は、5回までに3度も先頭打者出塁のチャンスを掴んだものの、
それを生かせないままで、ファイターズ先発・立石の前にゼロ行進…

そして6回表に高橋信二のタイムリーで手痛い追加点を奪われ、 
その裏、大村のヒットでまたも先頭打者出塁のチャンスを掴んだが、
続く川崎が初球を打って、ショートゴロ併殺…

本当に嫌な流れできていたのですが、
ここからいっぺんに流れが変わったのです。
バティスタがレフト線への2塁打。
そして松中がフォアボールで出塁。
ファイターズはここで投手を井場から横山にスイッチ。
しかし、城島もフォアボールで、2アウトながら満塁のチャンス。

そして打席にはズレータ
甘く入ったフォークを見事にとらえた一打は、レフトスタンドへ一直線!
2年連続30本到達を決めた一発は、大逆転のグランドスラム!
チームの苦境を救った、これぞサムライ魂炸裂の一打!


こうなったらホークスは掴んだ流れを離しません。
和巳が7回まで頑張った後は、8回は吉武、9回は馬原が、
ともにランナーを出しながらもしっかり締めて、見事な勝利!
この「勝利の方程式」の勝ちパターン、久々に見たような気がしますね。

お立ち台に上がったズレータ。
「サムライのように最後までガンバリマス!」
今回の日本語パフォーマンスはこれでした。
最後の「パナマ運河デス!」は、よく考えるといまいち意味がわかりませんが(笑)
パナマの国旗を身に纏い、スタンドのファンの歓声に応える
ズレータの姿が印象的でしたね。

ズレータの話ばかりになってしまいましたが、
もう一人の勝利の立役者として、和巳を忘れるわけにいきません。
2回以降は6イニングをわずかに2安打に抑える、
見事なピッチングを見せてくれました!
立ち上がりに苦しみながらも、しっかり立て直すところはさすがにエース。
依然無敗のまま、これで11連勝!
前回といい今回といい、決して完璧に良いというわけではないのに
連勝しているんですから、もっと調子が上がってきたらどうなるんでしょう?

負けていてもおかしくない流れの中、ワンチャンスをものにしての逆転勝利。
こういう勝ち方ができるのは、大きな強みだと思います。
これは大きな1勝だなと思いましたが、王監督もそう考えているようです。
「これは大きい。1年を振り返ったときに、ポイントになる試合でしょう。」

あとは打線にもう少しつながりが出てくれば…
今はとにかくピッチャーの頑張りが鍵を握りますね。
その意味では、今日先発の和田にも期待がかかります。
前回、好投したものの打線の援護をもらえなかった和田。
今日は打線が頑張って、白星をプレゼントしてあげて下さい。
1勝1敗で迎える3戦目、相手はエース金村が先発。
これは負けられません!

by takanomichi | 2005-08-03 07:19 | Hawks


<< 快勝はいいんですが…      また完封負けですか… >>