2005年 08月 09日

エースが引き寄せる勝ち星

[本日のホークス]対ライオンズ 第12回戦 (インボイス西武ドーム)
  ホークス 9-3 ライオンズ 

和巳の快進撃が止まらない 開幕から無傷の12連勝!
初回に打線爆発 一挙6点の猛攻で早々と勝負あり!
爆発の狼煙は松中のキング独走38号3ラン!
ズレータの31号3ランでダメ押し!

♪西武には 負けられない 魂を込めて闘え
あっ、これはマリーンズの応援歌でした(笑)
それはともかくとして、今日は魂の入った戦いぶりでライオンズに快勝!
と言っても、例によってリアルタイムでは見られませんでしたが(苦笑)、
仕事を早く切り上げて帰ったところで、勝負あった後だったでしょうね。

とにかく、1回表からいきなり大量点だったんですからね。
松中の38号3ランでド派手に幕を開けた後、
宮地本間のタイムリーを含む4連打で2得点。
さらには2アウト満塁で、川崎が押し出しの四球で6点目。
打者12人を繰り出す猛攻で、早々と勝負はほぼ決まった感じ。

流れを完全にものにした初回の攻撃でしたが、
決して甘い球を打ったものばかりではありませんでした。
松中は内角の球を詰まりながらも持っていきましたし、
宮地は低い球を、相変わらずの見事なバットコントロールでヒットにしてましたね。

破竹の11連勝中の斉藤和巳に、このいきなりの大量点は
まさに鬼に金棒。
2回に走者を背負う場面はあったものの、5回までに8奪三振。
3回裏にいたっては、三者三振の快投でした!
強気でビシビシと押していく、胸のすくピッチングだったようですね。

6回表にはズレータの31号3ランでダメ押し。
これで気を抜いたわけでもないのでしょうが、
その裏にきっちり3点を返されてしまいました(苦笑)
が、7回被安打7・11奪三振は十分合格点。
後は吉武フェリシアーノが締めて、余裕の12勝目!

和巳が投げると、打線がよく打つ…
確かにそういう事は多いし、その意味では勝ち運を持っていると言えます。
しなしながら、単に運に恵まれてのものならば、12回も続いたりしません。
恐ろしいほどの勝ち運は、和巳自らが引き寄せているものなのでしょうね。
エースがビシビシと攻めのピッチングを見せる…
その姿が、野手陣の気持ちも高めているのだと思います。

同じ1勝でも、やっぱりライオンズ戦の勝利は何か違うものに感じられるし、
嬉しいものですね。
和巳もお立ち台で話してましたが、全球団に勝ち越しての完全優勝を目指すホークス。
今日の勝ちで、ライオンズ戦の負け越しは2つまで減りました。
明日も勝って、イーブンに王手をかけて頂きましょう。
明日は宿命の対決、和田vs松坂です。

追記:
私が個人的に気にかけていた的場の初安打ですが、
7回表に右中間を破る2塁打。
21打数目にしてやっと出ました。
よかった、よかった(笑)

by takanomichi | 2005-08-09 23:54 | Hawks


<< ウクレレ侍 最高の日      山村初登板 インサイドストーリー >>