2005年 08月 11日

海の向こうでは…

いぐっさんが頑張っているんです。

9日(現地時間)の試合で、先制のホームラン!
これが第10号。
メジャーでも初年度から2桁本塁打を達成です!

井口といえば、右方向へも大きな打球を飛ばす事で、
日本ではよく知られていましたが、
この日のホームランも、得意の右方向打ち。
10本のホームランのうち、実に半分の5本が右方向なのです。

この日の対戦相手、ヤンキースのトーリ監督も感心していたようです。
「あの外角球を右に運ばれたらしょうがない。
あの打席を見ただけで、イグチがいい打者だということは分かる。」


井口の右方向打ちは、メジャーをも唸らせるとこまで来ましたね。
ただ、この日はホームランを打った一方で、併殺打も2つ。
このへんも井口らしい(苦笑)
※いや、ホークスで井口が特別に併殺打が多かったってわけでもないんですけど、
 私はその印象が強くて(苦笑)
 併殺打の本数だけで言うなら、昨年はバルデスやズレータの方が多かったですけどね。

さて、現在は主に2番を打つ井口。
昨年、ホークスでは1番・3番・5番と、様々な打順をこなしましたが、
メジャーでも新しい打順をちゃんとこなしていますね。

「粘ることは2番の役目として必要。自分に求められているのはホームランじゃない。
1本のホームランより3本のヒット。これからは打率を上げていきたい」

どんな打順でもそれ相当の結果を出してきた井口の器用さは、
その打順の役割をきっちり理解してこそのものなのでしょうね。

打率は、この日現在で.283
3割にはまだちょっとあるものの、メジャー初年度でこの打率は上々だと思います。
守備でもいいプレーをよく見せていますし、
三拍子揃った井口らしさをいかんなく発揮してくれています。

今季、ア・リーグ中地区の首位を独走するホワイトソックス。
その快進撃に十分貢献している井口。
プレーオフに出てくるのは、まず間違いないところ。
ぜひ、ワールドシリーズの大舞台で見たいものですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちょっと他球団の話も…
さっき、ニュースで見てビックリしました。
バファローズ・ガルシアが、何と2試合連続のアーチ3発!
これは本当にすごいです。

バファローズも5連勝と好調。
どうやら、プレーオフ進出の3チーム目は、
バファローズでほぼ決まりかな…
昨年、優勝を奪っていったライオンズを
今年プレーオフで倒しての優勝を密かに夢見ていましたが、
どうやらそれは叶わないものになりそうです…

by takanomichi | 2005-08-11 23:26 | プロ野球一般


<< ロード~第三章      ウクレレ侍 最高の日 >>