それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 08月 17日

総力戦の末に…

[8/14のホークス]対ファイターズ 第16回戦 (札幌ドーム)
  ホークス 5-1 ファイターズ 

新垣、好投で約3ヶ月ぶりの白星!
ズレータ、2発のアーチで試合を決める!

[8/16のホークス]対バファローズ 第14回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 7-2 バファローズ 

和巳、球団新記録の開幕13連勝!
松中、40号と100打点にダブルリーチ!
的場、地元初のお立ち台で沸かせた!
今季初登場の大道にドームいっぱいの大歓声!

[本日のホークス]対バファローズ 第15回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 3-3 バファローズ (延長12回引き分け)

4時間43分の大激戦、決着つかず
カブレラ、2ヶ月ぶりの7号2ランも実らず
あまりにも響いた8回・9回の逸機
必死の投手リレーで12安打を許しながらも逆転は許さず

4日ぶりのご無沙汰でございます。
この間試合を見られなかったり、見ても更新できなかったりでした。
今日も遅くなったので、帰宅したら試合は終わってるだろうなと思いきや…
まさか、延長12回まで堪能(?)できるとは思っていませんでした(苦笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まず日曜日の試合。
全く見る事はできなかったのですが、新垣が久々に良かったようですね。
投げたのは6回1/3ながら8奪三振というのは、彼らしさがちょっと戻ってきたのかな。
およそ3ヶ月ぶりの白星で5勝目。
今回結果が出なかったら、再度のファーム落ちも囁かれていただけに、
本当に良かったです。
あと、ズレータが中押し・ダメ押しと、効果的なところで2ランを打ってくれたのが
大きかったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
続いて昨日の試合。
簡単に書いてしまうのが勿体無いような試合ですが…

とにかく、斉藤和巳は素晴らしいの一語に尽きます。
ついに、球団新記録の開幕13連勝達成!
勝敗つかずの3試合を含めて、先発した16試合で全てホークスが勝利!
これ以上「エース」と呼ばれるにふさわしい投手がいましょうか。
この日も、8イニングを散発の4安打と、ほぼ完璧な内容。

惜しむらくは投球数が140球と多かったせいか、完投を逃した事ですね。
まあ、これはバファローズの1番・谷、2番・平野あたりが、
よく粘っていましたから、そこで球数を費やしたのも原因だと思います。
それでも、先日2試合で6本のホームランを放つなど当たりまくっていたガルシアを
完全に封じたのはさすがですね。

打線も、前回は完封されてしまったJPに対して序盤から集中打を浴びせ、
7点をもぎ取って勝負を決めました!
中でも、先制の39号2ランなど3安打・3打点の活躍を見せた
松中の働きが大きかったですね。
エースと4番がしっかり仕事をすれば、これはもう勝って当然の試合でしょう。

その他にも、見せ場がいっぱいだった試合でした。
この日もタイムリーを放ったズレータ
的場もタイムリーを放ち、地元ヤフードームで初のお立ち台!
前回のインボイスドームでの初お立ち台の時にも増してテンション高かったですね(笑)
つかみで「福岡ヤフードームJAPAN!の皆さん、元気ですかー!」と絶叫し、
(「JAPAN!」の部分を郷ひろみ風に読んで下さい(笑))
「緊張してあんまり喋れないです」とか、
「ありとあらゆる毛穴からアドレナリンが噴出して、結果こんな頭になってまいました」
とか言って笑いを取り、
最後には「ファンの皆さんの応援があってこそ、今の僕があると思います」
声を詰まらせて語るなど、盛り上げ、笑わせ、泣かせるという一人舞台でした!

あとは、9回1イニングを、走者を許しながらも結果的には3人で抑えた三瀬ですね。
また少し復活に近づいたようですね。

そうそう。ベテラン大道にも触れておかねば。
7回に代打で、ようやくの今季一軍初打席。
ベテランらしからぬ、雁の巣でよく焼けた顔色が印象的でした。
結果はいい当たりでしたがライトフライ。
それでも「バッター大道」とコールされた時のあの大歓声。
テレビでもはっきりわかりました。
やっぱりみんな待っていたし、多くのファンに愛されてる選手だとあらためて思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で、今日ですが…
和田もよく投げたんですけど、
カブレラもホームラン打ったんですけど…

ホークスが抑えの馬原まで出すなど6人のピッチャーを、
バファローズが7人のピッチャーをつぎこみ、
代打も多く起用するなど、まさに総力戦。
しかし、延長12回、4時間43分の試合の結末は引き分け…

和田→吉武の投手交代が裏目に出て追いつかれた…のは仕方ないにしても、
8回・9回のチャンスを逃したのが何とも痛かったですね。
菊地原・大久保といったバファローズのリリーフ陣は、
なかなか侮れないなとは思っていましたが…

延長に入ってからは、チャンスをつかめず、
結果は疲れだけが残る事に…
まあ、気持ちを切り替えてまた明日、というようにいけばいいのですけど、
リリーフ陣をいっぱい使ったのが明日にどう響くか、心配ですね。

明日の先発は星野
はっきり言って、完投は期待しにくいのですが、
バファローズ戦は得意とするところであり、快投を期待したいです。

あっ…
今日の試合をメインに書くつもりだったのに、
昨日の試合の方をいっぱい書いてしまった…(苦笑)

by takanomichi | 2005-08-17 23:59 | Hawks


<< 1試合で2度おいし…くない試合      鷹打線もお盆休み? >>