2005年 08月 27日

昼も夜も大事件

[本日のホークス]対ファイターズ 第17回戦 (札幌ドーム)
  ファイターズ 5-4 ホークス (延長10回) 

リリーフ陣が誤算 延長戦の末、悔しいサヨナラ負け
6回にタイムリー連打で逆転も実らず
5回で降板の杉内、17勝目はお預け

台風の影響などで先日のマリーンズ戦が2試合中止。
首位攻防戦に思わぬ形で水を差される事になりましたね。
中止になった2試合はどこに組み入れられるのかというと、
マリーンズ公式サイトで確認したところ、9/21・22に組み入れられたようです

つまり、9/19からマリーンズ4連戦。
しかもこれは前のバファローズ2連戦と後のライオンズ3連戦に挟まれ、
ペナントレースの佳境でなんと9連戦を戦わなければならない事になります。
(しかも18日から19日は、福岡→千葉の移動日無しでデーゲーム連戦だし)
今日の札幌ドームから6カード続けて「2連戦して休み」というパターンが続く
比較的楽な日程のホークスですが、最後にドドンと厳しい連戦が来る事になりましたね。

さて、その札幌2連戦初日。
久々のホークス戦だったのに、ついうっかり録画を忘れて外出してしまったので、
試合はニュース以外見ておりません…
でも、見ない方が良かったのかな…(悲)

初回に点を取り合い、杉内ダルビッシュの投げ合いで相譲らぬ展開でしたが、
6回表に宮地と本間のタイムリーで4-1と突き放し、
ダルビッシュををマウンドから引きずり下ろしたホークス。
しかし、後を受けたファイターズリリーフ陣からは点を奪えず。

それでもホークス投手陣が抑えてくれればよかったのですが、
終盤にきてリリーフ陣が大誤算。
8回裏、その前の回を抑えていたはずの吉武が崩れ、
坪井・小田にヒットを許した後、小笠原にこの日2本目となる32号3ランホームランを打たれ、
一気に同点に追いつかれる事に…
杉内の17勝目はこれでお預けとなりました。

そればかりか、延長戦に入った10回裏には頼みの守護神・馬原までも、
実松・小笠原に連続ヒットを打たれピンチを迎える事に。
セギノールを歩かせて満塁策を取り、2アウトとしたものの、
田中幸雄がセンターへヒットを放ち、サヨナラ負け…
しかもこのタイムリーが、田中にとって1000打点達成の記念すべき一打。
2週前の入来バースデー完封もそうでしたが、
ファイターズにはこのような劇的な試合で負ける事が続くので、
13勝4敗と大きく勝ち越しているわりには、その印象が薄いんですよねえ…

結局、今日は両チームのリリーフ陣の調子の差が出たというところか。
終盤、追加点を取れなかったのが、響く事になってしまいましたね。

それにしても…
杉内はなぜ5回で降板してしまったのでしょうか?
そりゃ、5回で被安打5というのは決して良くは無かったでのでしょうが、
四死球は無いし、球数も多くないし(77球)、故障というわけでもなさそうだし…

杉内は次のように語っています。

「調子は良くないなりに何とか抑えられた。
 もう少しいきたかったですが、ベンチの指示だし仕方ないです。
 最低限の役割は果たせたと思っています」

普通に監督の指示で交代、という事だったのでしょうが、
試合を見ていなかった人間からすると腑に落ちないですね。
実際、どんな感じだったんでしょうか…



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、私は夜は帰宅して、昼間のホークス戦の事は忘れ、
もう一つの贔屓チームであるタイガースの試合を見て、現実逃避(苦笑)
しかし、その中継の途中でインボイス西武ドームの試合が大変な事になっている事を知り、
慌ててチャンネルを変えました。

何と、ライオンズ・西口が8回までパーフェクトピッチングを続けているとの事。
チャンネルを合わせると9回表が始まるところでした。
試合は相手のイーグルス・一場も無失点の好投を続けており、0-0。
はっきり言って、西口と一場という両先発から「勝負にならないな」と思っていましたが、
意外や意外、一場が大健闘を見せていました。

西口は9回も2アウトを取った後、27人目の打者・藤井もショートゴロに切ってとり、
見事に9回をパーフェクトで投げぬきました!
しかしここで完全試合達成とはいかず、9回裏・ライオンズの攻撃。

何とか9回サヨナラ勝ちでこの大記録が達成されて欲しいと思って、
ライオンズの攻撃に注目していました。
そして2アウト1・2塁のチャンスを迎えましたが、
赤田の当たりはショートゴロでこちらも延長戦へ…

西口、あと1イニング頑張って、延長戦で大記録を!と思いましたが、
先頭の沖原の打球は、無情にもライト前へ…
過去、2度もノーヒットノーランを直前で逃し、
今度は9回をパーフェクトで投げきったのに、延長戦で途切れる事に…
勝負事とは、時に残酷で非情なものです。

それでも西口は、この回も無失点で抑えました。
9回を投げ終えた時も大歓声が上がってましたが、
それ以上の歓声がここでは上がっていましたね。

そしてライオンズは10回裏に、一場から代わった福盛を攻め立て、
1アウト1・2塁のチャンスから、石井義人がサヨナラヒット!
大記録は惜しくも逃しましたが、延長10回完封勝利という形で、
西口の素晴らしいピッチングが報われました!
(日刊スポーツのスコア速報は、こちら

「いやあ、西口あっぱれ。良かった、良かった…ん?」
そうです。
よく考えたら、これで16勝目の西口は、今日白星を逃した杉内に
ハーラー争いで再び並んだのです…
うーん。一瞬でも西口に白星がついて良かったと思った私は、
まだまだホークスファンとして甘いな(苦笑)

しかも、時を同じくして行われた千葉マリンでの試合では、
マリーンズが快勝。
ゲーム差は再び4ゲームに縮まりました。

結局、きょうは昼も夜もホークスにとって良い事はありませんでした…
嫌な雰囲気は自力で振り払う以外にありません。
そんなわけで、明日はホークスの快勝を期待します!

by takanomichi | 2005-08-27 23:20 | Hawks


<< 北の国から '05夏・連敗      力の入った投手戦、再び >>