2005年 08月 31日

負けない男の大記録

[本日のホークス]対マリーンズ 第16回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 6-3 マリーンズ  

和巳、ついに開幕15連勝のプロ野球タイ記録!
鳥越、2本のタイムリーで3打点の大活躍!
カブレラ、反撃の口火を切る同点2ラン!
首位攻防戦連勝で5ゲーム差! 1位通過マジック「15」点灯!

いやあ、例によって試合途中からテレビで見ていたんですが、
ちょうどその時が5回裏、ホークスが反撃を始めた時でした。
2点のビハインドから一気に逆転し、後は押せ押せムード。
見始めてからずっとテンション高かったので、正直、まだ治まっていません(笑)

とにかく書きたい場面が多すぎて…
いつものように時系列で試合展開を書きながら振り返っていると、
いくらでも書いてしまいそうなので(笑)、
いつもと趣向を変えて、今日の試合で印象に残った
選手ごとに書いてみましょう。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まずは何と言っても斉藤和巳
とにかく、24年ぶりに達成された開幕15連勝のプロ野球タイ記録!
本当に素晴らしいです。
今さら言うまでも無い事ですが、どんな大投手でも年間何度かは負けるのが当たり前。
それが負けないまま、とうとうここまで来てしまいました。
今日は序盤からリードを許し、7回1/3を投げて被安打7、6四死球という記録が示すように、
決して調子は良くありませんでした。
しかし、毎回のようにランナーを許しながらも、要所を締めて大量点は与えない投球。
今シーズンの和巳を象徴するような「負けないピッチング」を見せてくれました!

そして、ピッチングと共に印象に強く残ったのが8回表の場面。
橋本の打球が和巳の左足内腿の辺りに当たってしまい、
和巳はその場に倒れこんでしまうというアクシデント。

しかし、倒れこむ前に一塁へ送球し、アウトを1つ取る執念を見せました。
そしてベンチ裏で治療後、再びマウンドへ登場。
和巳のこのガッツには、正直、胸が熱くなりましたね…

結局は、この後里崎にタイムリーを打たれ、5-3と詰め寄られたとこで降板しました。
しかし、打球を受けながらも1塁をアウトにしていたのが大きかったです。
もしそのランナーが残っていたら、さらに大きなピンチが続いたわけですからね。
エースのプライドをまざまざと見せつけられた場面でした。

それからカブレラ
2点を先行されたホークスの反撃の狼煙は、5回裏のこの人の8号同点2ランホームラン!
それまでの雰囲気を一気に変え、後の逆転劇につながる非常に意味の大きいホームランでした!

地味ながらいいところで決めてくれたのがバティスタ
同点に追いついた直後に、大村・川崎が連続ヒットで1アウト1・3塁のチャンス。
ここでライトへきっちりと勝ち越しの犠牲フライ!

そして今日大活躍の鳥越
6回裏に2アウト1・2塁から、レフトへのあわやホームランかという2点タイムリー2塁打!
さらには8回裏、前でカブレラが敬遠されての1アウト1・3塁。
ここでもセンターへダメ押しのタイムリーを放ち、本日3打点!
勝利に大きく貢献してくれました。

鳥越といえば、お立ち台にも注目です。
3打点の感想については「まぐれです!」
2本目のタイムリーの前、カブレラが敬遠された事については
「敬遠は当然です!」と言って観衆の笑いを取っていました。
「自分が敬遠されて当然」なんて言うプロ野球選手…聞いた事がありません(笑)

それから城島にもふれておきましょう。
鳥越の2本のタイムリーのきっかけとなったのは、この人のヒットと3塁打。
打撃面ではチャンスメイクに徹し、
守りでは3回表に堀が盗塁を試みたところを、見事な送球で刺して和巳を助けるなど、
陰で今日の勝利を支えた一人です。

あとは、三瀬・馬原のリリーフ陣。
三瀬は和巳の降板に伴い、1アウト2塁のピンチで登板しましたが、
ベニー・今江を抑えてピンチを凌ぎました!
特に今江を三振に取った時のスライダーは非常に切れていましたね。
あるいは9回もそのままマウンドに上がるかと思われましたが…
今日はそれはならなかったものの、その日も近いかも知れません。

馬原は、9回1アウトから四球とヒットで1・3塁と、
最近のパターンである劇場演出(苦笑)
しかしその後はきっちり締めて、自作自演完了(笑)
今日も本当にヒヤヒヤしました。

…書き方を変えても、やっぱり長くなってしまったな(苦笑)
まあそれだけ、盛りだくさんな試合だったという事で…

とにかく、非常に大きな連勝です。
単に首位攻防戦に連勝してゲーム差を一気に広げたというだけでなく、
強力なマリーンズ投手陣を打ち崩した(先発だけでなく薮田・藤田というリリーフ陣まで)
というのは、プレーオフに向けて重要な意味を持つに違いありません。

マリーンズとのゲーム差は、再び5ゲーム差。
レギュラーシーズン1位のマジックも点きました。
明日から9月。
それは完全優勝へのカウントダウンの始まりです!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、来週はいよいよ和巳が開幕連勝の新記録を賭けて、マウンドに上がる事でしょう。
順当ならば、来週の水曜日・9/7でしょうか。
お!大阪ドームでのバファローズ戦ではないですか。
これは何とか仕事の都合をつけて観に行かねばな…

by takanomichi | 2005-08-31 23:27 | Hawks


<< 和巳偉業の翌朝      壮絶な試合をサヨナラで制す! >>