2005年 09月 09日

救世主は誰だ

予想だにしなかった連敗で大阪2連戦を終え、
ホークスは明日からフルキャストスタジアムでのイーグルス2連戦。
明日の先発は杉内、明後日はおそらく新垣でしょう。
杉内は、イーグルス戦はこれまで実に6試合に投げ、
その全てで白星をあげています。

相性はバッチリ。連敗の嫌なムードを払拭するには良い機会です。

さて、レギュラーシーズンも佳境に入り、いよいよホークスは残り15試合。
現在16勝の杉内ですが、残りの先発機会は3試合と考えられたので、
20勝の大台は無理かなと思っていましたが…
今日になって、日刊スポーツ九州にこんな記事。

明日と17日のバファローズ戦の後、
中5日→中4日で投げさせるプランがあるとの事。
全部勝てば20勝に到達しますが、それもさることながら、
今の苦しいチーム事情からこの様なプランが出てきたようです。

考えはわからなくもありません。
残り試合も少ないし、ラストスパートの中では少々の無理をしてでも…というのもわかります。
ですが、その後にはプレーオフが控えているのです。
もちろん、5ゲーム差をつけてのアドバンテージは欲しいとこです。
しかし、その為に無理をしてしまっては、後の事が心配になってきます…

まあ、このあたりはホークスファンの中でもそれぞれ考え方があるでしょうが、
私はこれまで安定して良い結果を出してきた杉内には、必要以上に無理をさせず、
普段通りに投げさせてあげたら、という気がします。

ローテを組む投手が少ないから、という事もあるのでしょうが、
17日からの9連戦も控えているし、
いずれにしても今のまま4人でローテを回せるわけはありません。
5人目の先発登用は、不可避のテーマです。

その5人目に名乗りを上げることになるのでしょうか。
ルーキー・高橋秀聡が久々に1軍に合流します。
記事にある通り、ファームでは素晴らしいピッチングを続けているとの事なので、
大いに期待がかかります。

いずれにしても、この終盤の時期というには、投打ともにこれまで主力を張っていた選手に
疲れが出てきます。
そこを支える新たな力が必要ですし、優勝するチームには必ずといっていいほど
そのような救世主的選手が一人や二人は出てくるもの。
高橋秀聡以外にも、そういった選手がどんどん名乗りを上げて欲しいものです。

by takanomichi | 2005-09-09 23:58 | Hawks


<< 抜け目ない戦いで連敗ストップ!      こんなはずではなかった…(9/... >>