2005年 10月 03日

ちゃんとしましょうよ…(高校生ドラフト会議)

プロ野球史上初めての試みである「高校生ドラフト」
今日行われましたね。
まあ、あれやこれやと言いたい事はあるのですが、
それは後回しにして、まずはホークスの指名選手を…

 1巡目:荒川 雄太(捕手・日大高)
 3巡目:大西 正樹(投手・神戸国際大付)
 4巡目:大田原隆太(投手・都城工)
 5巡目:川口 容資(投手・楊志館)

えー、はっきり申し上げて…
3巡目の大西以外、甲子園に出ていないので見た事もなく、
どんな選手かわかりません(爆)
大西は、春の選抜でベスト4進出の立役者となったサウスポーですね。
たまたまなのですが、昨年秋の近畿大会で、生で観ました。
ストレートは目立って速いという感じでなく、
どちらかというと変化球のキレを持ち味とした投手です。

1巡目・荒川は、陽仲壽(内野手・福岡第一)を獲得できなかった場合に、
指名が有力視されるという報道がされていたので、
名前だけは知っていましたが…
(メジャー行きが噂される)城島の去就とは関係なく、
捕手というのはホークスの大きな補強ポイントの一つですから、
まあ納得です。

しかしそれにしても…
皆様もニュース等でご存じでしょうが、
今回のドラフト会議のドタバタ劇、全くもって腑に落ちません。

交渉権獲得球団が誤って発表される事が、それも二度も続けて起こるという、
前代未聞の不手際。

何でも、抽選で使う当たりクジ・外れクジともNPBの判が押してあって、
当たりの方にだけ「交渉権獲得」という判が押してあったといいます。
これまでの抽選では、当たりにNPB判を押してあり、
外れは何も無い白紙であったといいますから、
クジがそのように変わるのであれば、事前に説明があって然るべきでしょう。

説明が無ければ、これまでの長年の習慣からして、
辻内崇伸(投手・大阪桐蔭)の抽選の時に、
オリックス・中村GMが当たりと思い込んで手を上げたのは、無理からぬ事でしょう。
しかし、「交渉権確定」と書いてあるのに、その場でアピールせず、
そのまま席に戻った巨人・堀内監督の行動も、おかしいのですが…

そして、その後に行われた、陽仲壽の抽選の時にも
同じ事が起こってしまいました。
王監督が当たりと思って手を上げたものの、実は当たりクジは
日本ハム・ヒルマン監督が引いていました。
ただこれは、辻内の時の一件があった後ですから、
「王さん、よくクジ見なよ」という気もしますけどね。
だって、ヒルマン監督に「交渉権獲得」という漢字を読めと言っても
できない相談でしょう
(爆)

まあ、言い換えれば、何度もクジを引いた経験があるはずの王さんでも間違うほど、
習慣づいていたものから変わっていたわけですから、説明があるべきでした。
そして何よりおかしいのは…
どちらが当たりかを確認しないまま発表するというのは、どういう事ですか?

いわば高校生の人生がかかっているという、本来厳格さが求められるはずの場であるにも関わらず、
セレモニー的にいい加減に進めてるから、こうなるんですよ。
ニュースで見たのですが、今回のドラフト会議の議長を務めた小池パ・リーグ会長が
「手を上げてすぐに席に戻ったから、(当たりかどうか)確認できなかった」と
笑いながら答えていたのが、いい加減にやっていた証拠です。
そう思われても仕方ないでしょう!

何にせよ、このNPBのいい加減な進行が無ければ、
少なくとも陽君をあれほどまでに落胆させる事は避けられたはずです…
クジですから、結果的に希望通りいかない事はあるでしょう。
でも、一度意中のホークスが交渉権獲得と発表されてしまった後に、
そうではなかった事が発表されたのですから、
その落胆ぶりは想像するに余りあります…
そして、こういういい加減な仕事ぶりで、高校生に要らぬ動揺を与えたNPBには、
本当にムカついてます。

もう本当に…ちゃんと仕事しましょうよ!

追記:
どうやら、さらに情報を集めると、
陽の抽選の時には、まだ「辻内の交渉権獲得はオリックス」という誤りは
訂正されていなかったようですね。
となると、王さんが間違えるのも、ますます無理はないな…

by takanomichi | 2005-10-03 23:59 | プロ野球一般


<< 久々に明るいホークス話      今年もこの季節が… >>