それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 12日

最終決戦その1…らしくない試合

[本日のホークス]プレーオフ第2ステージ第1戦 (ヤフードーム)
  マリーンズ 4-2 ホークス  

終盤に集中打で逆転を許し、痛い1敗
杉内、吉武…マリーンズ打線の連打を止められず
鷹打線、チャンスがありながらも拙い攻めが響く

ここ最近は公私ともに忙しく、
その間にプレーオフ第1ステージはマリーンズが連勝で勝ち抜き
いよいよ今日から最終決戦の第2ステージ。
この時の為に、今シーズンのホークスを応援してきたと言ってもいいくらいですから、
一番見たい時なのですが、なかなかそれも思うに任せず、
今日は思ったより早く帰宅できたのに、見たのは終盤だけという有様…

見始めると8回表、2-2の同点ながら大ピンチの場面。
ノーアウト2・3塁でピッチャーが杉内から吉武に交代したところ。
しかも打者は4番・サブロー。
ここは的場の好プレーもあってファールフライに切って取ったものの、
5番・ベニーにあわやホームランかという当たりの、
レフトへの2点タイムリーを許す事に…

同点・逆転の期待をこめて迎えた8回裏。
先頭の川崎がヒットで出塁し、ここで代打・柴原起用。
打球はいい当たりながら、ライト・サブローの守備に阻まれました。
ここであろう事か、1塁を大きく飛び出していた川崎が帰塁できず、ダブルプレー…
相手の好守が光った場面だったとはいえ、何とも惜しまれる走塁でした。
その後のバティスタもセンターへの大きな当たりでしたが、大塚が好捕。
それにしても、このマリーンズ外野守備の堅さは何ですか…?

結局9回裏もあっさり三者凡退で終了…
ここでも松中が、明らかなボール球を空振りして三振に取られてました。
8回の川崎の走塁といい、終盤は首をかしげるようなホークスらしからぬ場面が
何度か見られました…

去年の事をどうしても意識してしまってるのか、
やっぱり「負けられない」という気持ちが強すぎて、
いつものホークスらしくない試合になってしまったようですね。
そういえば、今日は4番・松中、5番・ズレータがノーヒット。
6回裏、1アウト1・2塁のチャンスでこの二人が立て続けに凡退したのが、
今日の打線の象徴だったのではないでしょうか。
先制ホームランのカブレラ、同点タイムリーの的場などが目立ったのと対照的でした。

杉内も今日は決して良くはなかったのかな。
それでも何とか2点に抑えて粘っていたものの、8回表にランナーを出してついに降板。
そして、吉武にはなんとしても踏ん張って欲しかった。
この様に投手交代が裏目に出る事が今シーズン中何度かありましたが、
よりによって、大事なプレーオフの初戦で出てしまいました…

救いは9回の1イニングをゼロで抑えた高橋秀聡かな。
今日のようにリードを奪われている場面や同点の場面でしっかり抑えて、
試合を立て直す役割を果たしてくれるといいですね。

それにしても、マリーンズ打線は繋がると本当に怖い。
それをまざまざと見せつけられました。
第1ステージから接戦ばかりをものにして3連勝。
もしかして、マリーンズを本当に勢いに乗せてしまったのでは…
それが一番気になります。

大事な初戦を落として、明日はもう本当に負けられない試合になりましたが、
今日のような何か浮き足立ったようなところが見える試合でなく、
堂々と迎え撃って、今年見せ続けてきた強いホークスの試合を見せて欲しいと思います。
その役目を任せるにはうってつけ、というか最早この人しかいないという、
斉藤和巳の右腕に全てがかかっています。
そしてもちろん、明日は打線の奮起にも期待したいと思います。

昨年のライオンズは初戦を落としながら、最終的には第2ステージを制しました。
あの時悔しい思いをしたホークスが、今度はそうする番です!

by takanomichi | 2005-10-12 23:06 | Hawks


<< 最終決戦その2…投打がかみ合いません      いよいよ最後の大勝負へ… >>