それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 17日

最終決戦その4…そしてファイナルへ

[10/16のホークス]プレーオフ第2ステージ第4戦 (ヤフードーム)
  ホークス 3-2 マリーンズ   

ズレータの2本のアーチが試合を決めた!
吉武、気合の好リリーフ! 必死の継投で1点リードを守りきる!
逆王手をかけ、いよいよ最後の決戦へ…

昨日のうちに更新できなかったので、
試合から時間が経った今、冷静な気持ちになって書いていますが、
試合終了の瞬間の場面、画面を通してもわかるくらいのすごい熱狂ぶり…
本当にすごかったです。

そりゃだって、2連敗の後、第3戦でも9回2アウトまでリードされるという、
追い込まれた状況から、ものすごい緊張感の高い戦いを制してですからね。
勝利の瞬間、緊張感から解き放たれる時、
選手もファンも気持ちが一気に爆発するんですよねえ。

昨日も立ち上がりの悪い和田が攻められ、いきなり1点を先制された後、
ズレータが同点アーチ!
4回表には里崎のホームランでまた突き放されたものの、
その裏、四球の松中を塁に置いて、
またもズレータが、2打席連続の逆転ホームラン!

そして逆転すると、ここから
高橋秀聡→吉武→三瀬→馬原とつないで、
5イニングの間1点を守りきる執念の投手リレー!
とりわけ、昨日の投手陣は吉武の気合のピッチングが光りました。
2回2/3を無失点という結果の良さもさることながら、
あれだけ気迫をむき出しにして投げる吉武の姿…
ちょっと記憶にないですね。

馬原も良かったですね。
8回1アウトからという早めの登板になりましたが、
いきなりサブローに四球を与えたものの、
ベニーを併殺に切って取り、
9回も完璧に三者凡退!
第3戦も、先発・新垣の後を受けた三瀬・新垣の頑張りが
勝利を呼び込みましたが、
この第4戦もリリーフ陣がやってくれました!

連勝で逆王手をかけ、いよいよ泣いても笑っても今日が最後の戦い。
先発は杉内ですが、今日はもはや総動員体制でしょうね。
両チーム、投打ともに総力戦になるのは間違いありません。

昨年と同じく第5戦までもつれこむ事になりましたが、
今日きっとホークスは、やってくれるでしょう。
昨年の悔しさを晴らし、優勝を決めてくれるでしょう。
昨日のお立ち台で「絶対にアキラメナイ!」と叫んだ
ズレータの気迫に満ちた表情を見ていたら、
そう確信できました。

第3戦までほとんど打てなかったズレータが、昨日は爆発しました。
第1戦で打たれてしまった吉武が、昨日は見事な投球を見せました。
あとは、我らが4番・松中
最後の舞台で復活の一打を見せ、勝利を決めてくれる…
そうなれば最高ですね。

いよいよ今日、今シーズンの全てが決まります。

by takanomichi | 2005-10-17 07:30 | Hawks


<< 最終決戦その5…終戦      最終決戦その3…まだホークスは... >>