2005年 10月 26日

日本シリーズ…早くも王手

[10/25の試合]日本シリーズ第3戦 (甲子園球場)
  マリーンズ 10-1 タイガース   

マリーンズ打線、三たび猛爆 3試合連続の2桁得点
甲子園に移っても流れ変わらず マリーンズ3連勝で早くも王手!

例によって今回もニュースと録画しか見てませんが…
ネットで試合経過をチェックした際、10-1というスコアを見て、
「間違えて第1戦のスコアを見たのか?」と思ったほどです(苦笑)

3試合連続の2桁得点…本当にすご過ぎます。
驚異的な打線のつながりで、ランナーを出すと必ずといっていいほど得点するマリーンズ。
この集中力は見事というほかありません。
タイガースは、今季セ・リーグ最多勝のベテラン・下柳をもってしても、
通用しませんでした。

何とかして流れを変えようと思ったのでしょうか、
タイガースは6回、2点リードされている場面で藤川を投入するという
シーズン中はまず考えられなかった手を使いました。
しかし、まさかその藤川までもがKOされるとは…

そして藤川降板後は、マリーンズ打線のなすがままに点を許し、
福浦の満塁アーチでとどめ…
7回表だったので、タイガースファンはみんなラッキー7開始時の風船を持っていましたが、
福浦のホームランが飛び出すと同時に、風船を手放す人が多かったですね…

スタメンの組み替えや代打起用など、打つ手打つ手がハマりまくるマリーンズ。
一方、今日の藤川の「異例の」登板も功を奏さず、何をやってもハマらないタイガース…
その差がモロに出た試合でしたね。

一気に3連勝のマリーンズ。
早くも追い込まれたタイガース。
長いプロ野球の歴史でも、3連敗の後4連勝して日本一を決めた例は
過去3度しかありません。
常識的に考えて、タイガースは非常に苦しい事になりました。

それでも、このまま終わってほしくはありません。
どういう結末になろうとも、熱のこもったいい試合をして欲しいと思います。
こんな大差のついた試合ばかりでは、寂しすぎます。
マリーンズの選手もファンも、これでは張り合いが無いでしょう。
タイガースの奮起に期待したいところですね。

by takanomichi | 2005-10-26 07:06 | プロ野球一般


<< 日本シリーズ…今年はマリーンズ...      日本シリーズ…思いもよらぬ展開 >>