2005年 11月 10日

できるだけ野球ニュースです

と、久米宏風に始めてみましたが(笑)
まあ日本シリーズもとっくに終わったとはいえ、
1日、2日更新しない間にも様々な野球ニュースが出てきます。
そういうものをちょっとずつ拾ってみましょう。

ゴールデン・グラブ賞発表

ホークスからは捕手・城島と外野手・大村の2人の受賞者が出ました。
それは確かにおめでたい事ですが、優勝を争ったチームにしては、
2名というのはちょっと寂しいかな…
マリーンズが過半数の5名受賞。
ベストナインに比べると差がついてしまいましたね。

とはいえ、選ばれた2人はまさに文句無しの受賞でしょうね。
大村は近鉄時代から定評のあった守備をホークスでも見せてくれました。
この人の守備で、何度ピンチを救われた事でしょうか。

城島は実に7年連続の受賞。
「ゴールデン・グラブ」賞だからと言うわけではないのですが、まさにこれは金字塔です。
座ったまま2塁へ送球して盗塁を刺す離れ業を、来年も日本で見たいなあ…

ホークス秋季キャンプ

宮崎の地でみんな頑張ってますね。
現在渡米中の城島と、グアムでトレーニング中の松中を除いて、
主力選手もほぼ勢揃い。
右足の手術を終えたばかりの新垣まで参加しています。

とはいえ、この秋季キャンプは若手選手がビシビシ鍛えられているのが目につきますね。
投手陣は、高橋秀聡山村といったところが、来季への期待を感じさせます。
あとは若い野手陣にもっと出てきてもらいたいのですが…
高卒ルーキーながら、ファームで4番を打ち続けた江川が、期待の一番手ですね。
厳しい指導もその期待の裏返しですね。

一方、主力投手陣は例の2段モーションの問題で混乱しているようです…
言いたい事はいろいろありますが…
はっきりしているのは、これで野球が面白くなるとはとても思えないという事です。
OKとNGの区別がいまいちつきにくい。
かといって厳しく違反を取り出すと、OKになる投手なんてほとんどいなくなる。
こんな状況では投手を混乱に陥れるだけです。
はっきりした基準のないままルールの適用だけがなされるのは、私は大反対ですね。

アジアシリーズ

今日から始まりましたが、マリーンズ、まずは初戦を快勝ですね!
しかし、油断せずに台湾・中国との試合もしっかり取って、
全勝で決勝進出を決めて欲しいです。
そして、今日破った韓国・三星とは、決勝戦で再戦する可能性が高いと思います。
ぜひともそこでも勝って、初代アジア王者になって欲しいですね。

by takanomichi | 2005-11-10 23:59 | プロ野球一般


<< 新しい仲間達      ここ最近… >>