2005年 12月 03日

チョーゴキゲンではない話

他の鷹ブロガーの皆さんに比べて、またちょっと乗り遅れた感じになりましたが…
やはり書かずにはおれませんでした。

まさに寝耳に水でした。「バティスタ解雇」

正直、私は残念に思っています。
破格の契約条件で入団してきた現役メジャーリーガー。
その条件に見合う成績とは言えませんでしたが、
打率.263はともかく、ホームラン27本、打点90というのは
十分合格点の数字だと思いますし、
日本の野球にも慣れた来年は、さらなる活躍が期待できると思っていました。
その矢先の解雇ですから…

何より、2年契約を結んでいたわけですから、
今季限りで退団する事なんてありえないと思っていました。
来年度の年俸500万ドルをいわば「無駄遣い」してでも
バティスタを退団させるとは、思いもよりません。
気前がいいんだか、何なんだか…
違う意味でソフトバンクの豊富な資金力を見せつけられた気がします(爆)

そんな事をしてまでも、球団はチームの若返りの方針を徹底させようという、
並々ならぬ決意が窺えます。
どうやらホークスが目指すのは、西岡・今江をはじめとした若手が台頭してきて、
目の前で優勝を勝ち取っていったマリーンズの姿のようですね。

今まで当ブログで何度も書いてきましたが、
ホークスは、主力クラスの選手と控えの若手選手とのレベル差が大きいという
課題をずっと抱えてきました。
しかし、来年は城島もいなくなり、主力もベテラン層が多く占める現状を考えれば、
嫌でも若手に出てきてもらわねばなりません。
その危機感を感じて、今こそ若手を育てねばならないという球団の意志が、
このバティスタ解雇の件を通して感じられます。

ともあれ、決まってしまったからには、三塁のポジションがポッカリ空く事になります。
それを争うのは…
期待のルーキー松田
今季高卒ルーキーでありながらファームの4番を張り続けた江川
背番号も変わり、今度こそレギュラーをものにしたい吉本
今季後半、スタメンも経験した森本
先日、ドラゴンズから移籍してきた仲沢
いや、若手や中堅だけではありません。
内野ならどこでも守れるベテラン鳥越・本間だっています。
突如生まれたこのチャンス。激しい競争になりそうです。

[ここで突然、私の心の声]
 鳥越レギュラーを獲って欲しいけどなあ。
 それだと、若手への切り替えという方針に反する事になるしなあ…
 「やっぱりベテランでないとダメだ」という結論が出てしまうくらい、
 若手のレベルが低いものであって欲しくは無いしなあ…

あ、すみません。一瞬、本音が出ました(笑)
とにかく、このようにしてチームの若返りが図られる事になります。

でもやっぱり…
バティスタが若返りの犠牲になるなんて、そんな事あって欲しくなかった…
ファンを大事にするこんな一面を持ち、
お立ち台での「チョーゴキゲン!」や、
凡ゴロで一塁を駆け抜け外野まで走っていくパフォーマンスで、
ファンを喜ばせ、ファンに愛されたバティスタ。
いなくなってしまうのは、寂しいですね…

短い間だったけど、楽しませてくれてありがとう。トニー…

by takanomichi | 2005-12-03 23:00 | Hawks


<< 対照的な話      考えさせられる話 >>