2006年 02月 01日

2006年 ホークス始動!

最近、週末にしかブログ更新できない日々が続いてましたが、
今日は言わずと知れた、12球団一斉キャンプインの日です。
プロ野球選手にとって、元旦とも言えるこの日。
(野球選手にとっての元旦は、公式戦開幕日ではないのか?
 というご意見は、とりあえず黙殺させて頂きます(苦笑))
やはりちょっとでも書いておかねば、という事で…

われらがホークスも、宮崎でキャンプイン。
とはいえ、テレビのニュースを見た限りでは、
正直、ホークスの取り上げ方は小さいですね…
まあ、今日の宮崎は雨で、アイビースタジアムの隣にあるドームでの練習
となったからという事もあるのでしょうけど。

日刊九州サイトにも、今のところは小さい記事ばかり。
明日から続々出てくるでしょうけどね。

では、テレビで大きく取り上げられていたのはどこかと言うと、
オリックス・バファローズ、と言うより清原ですね。
清原加入でバファローズへの注目度は、昨年までとは大きく変わりました。

さて、その清原ですが、新しいチームメートにこんな挨拶をしたそうです。

 「みなさん、僕に怖いイメージを持ってると思いますが、
  これでチームの一員になったわけだし、危害を加えることはないのでよろしくお願いします」
さらに、
 「カブレラや松中とかと何かあったら僕が助けますので、任せてください」

ちょっとちょっと、清原さん…
松中は確かにマッチョですけど、
そんなバイオレンスなキャラではありませんよ!
(笑)

話をホークスに戻しましょう。
王監督がこんな発言をしています。

 「今年はいろんな意味で、自分の中でも厳しい年になるだろうと思っている。
  城島、バティスタが外れて、攻撃陣の陣容がどうなるか。
  若い人を底上げできるか。期待と不安が入り混じったキャンプになりそうだ。」


今年のキャンプの注目点がすべてこの一言に集約されていますね。
空いた捕手・三塁手のポジションを勝ち取るのは誰なのか。
若手の台頭はあるのか。(いや、ないと困るのですが)

誰がチーム内の激しい競争に勝ち抜いて出てくるか、
野手陣はもちろん、投手陣にも注目です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて、キャンプとは関係ありませんが、こんな記事が出ていました。
前ダイエー球団のオーナーにして、ソフトバンク新球団においても名誉顧問だった
中内正氏が、巨人軍のオーナー顧問に就任するのだそうです。

そりゃまあ、ダイエーは球団を売却し、中内氏もソフトバンク球団の株を手放したのですから、
新たにどこの球団と関わりを持とうと、私がとやかく言う筋合いはないでしょう。
しかし、こうも早く他の球団のオーナー顧問という地位に、
というだけでも驚きですが、行き先がまた、あの巨人軍というのは…
うーん。上手く言えないのですけど、何かしっくりこないですねえ。

by takanomichi | 2006-02-01 23:55 | Hawks


<< とりあえず、やってみました      続々帰還 >>