2006年 03月 02日

本日もWBC&ホークス話

今日はさすがに長文を書いている時間がありませんので、手短に(笑)

WBC日本代表壮行試合
[3/1・東京ドーム] 日本代表 2-0 ジャイアンツ

壮行試合の最終戦も勝利で飾った日本代表。
良いムードで3日からの1次リーグに臨めそうですね。
特にこの試合は、日本代表の得点が、
松中のタイムリーと川崎のセーフティスクイズという、
共にホークス勢が打点をあげてのものでしたので、嬉しいです。
ニュースでしか映像は見ませんでしたが、
川崎のセーフティーバントは、見事でしたね!
シーズン中もこれくらい上手くバントを決めてくれたら良いのですが。

投手陣も上々でジャイアンツ打線をゼロに抑えました…はいいのですが、
前回の12球団選抜戦から中3日で投げた松坂の事が、ちょっと気になります。
投球数制限に戸惑いイマイチな結果に終わった前回とは違い、
今回は2イニングをしっかり抑えましたが、何といっても次は中2日ですからね…
一昨年の日本シリーズで、第6戦・第7戦と連投するなど、
松坂のタフネスぶりを表す話には事欠きませんが、今は開幕前という時期であり、
(もちろんWBCに向けて、ピッチを上げて仕上げてはいるでしょうが)
どうも心配ですね。
これが杞憂に終われば良いのですが…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホークスオープン戦
[3/1・ヤフードーム] ホークス 3-3 イーグルス (9回引き分け)

やはり今年も、オープン戦の序盤は勝てないホークス(苦笑)
今回は、3番にカブレラ、4番にズレータを置くなど、
これまでより「本気度」を上げたというのに…
まあ、9回裏の土壇場で、森本と宮地のタイムリーで2点をあげ、
追いついたのは好材料でしょうけど。

これまで4番で起用されていた松田は、今回は5番・サードでの起用。
そして結果も2安打と、こちらも相変わらず調子は良いようです。
ただ、打線全体を通して見ると、
9安打で3得点という拙攻ぶりはいかがなものかと…

まあ、確かに今は勝敗は二の次で良いとはいえ、
この試合ばかりは、オープン戦とは言えども勝って欲しかったと思います。
というのも、新聞紙上でイーグルス・野村新監督のこんな発言を目にしていたからです。

 野村監督が1日のソフトバンク戦(ヤフードーム)の勝利に自信をのぞかせた。
 WBC日本代表の王監督、松中、川崎が不在。
 さらに昨年までの正捕手、城島がマリナーズへ移籍したチームを将棋に例えて
 「王、飛車(松中)、角(城島)抜きか。(川崎は)香車か。
 (元阪急の)福本という最高の選手を見たら、川崎はそんなにいい選手だと思わんけどな」

 と不敵な笑みを浮かべていた。

私、正直言いまして、読んだ時ちょっとムカつきました(苦笑)
「王、飛車、角、香車」がいなくても勝てるところを見せて欲しかったのですが、
引き分けに終わってしまいました。

まあ、この発言は野村さんお得意の「口撃」かなとも思いますが、
それにしても、宗に対する「そんなにいい選手だと思わんけどな」
は、ちょっと聞き捨てなりませんね。
宗よ。シーズンに入ったら、野村監督をギャフンと言わせるような
プレーを見せてやって下さい。

by takanomichi | 2006-03-02 06:52 | Hawks


<< 歓喜と落胆      球春の始まり ホークスオープン戦編 >>