2006年 03月 26日

祝 2006年開幕戦勝利!

[3/25のホークス]対マリーンズ 第1回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 7-2 マリーンズ

2006年型「スモールベースボール」で開幕戦を飾る!
大村・宮地・本間 ベテラン達の活躍光る!
2年ぶりの開幕投手・和巳、期待通りのナイスピッチング!
カブレラ、チーム初アーチ! 馬原も完璧な火消し!
 
昨日は華々しい開幕戦勝利でしたが…
よりによって年に何度も無い土曜出勤日が重なり、試合を見る事は全くできずでした。
なんともタイミングが悪いです。
まあ、仕事中も時々携帯の速報を気にしてはいましたが(苦笑)

録画はしていたので、取り急ぎハイライト映像で確認しました。
理想的な展開で、ホークスのいいところがいっぱい出た試合でしたね。

さて、その栄えある開幕スタメンは次の通りでした。

8 大村
4 本間
7 カブレラ
D 松中
3 ズレータ
9 宮地
5 松田
6 鳥越
2 的場
P 斉藤


オープン戦を通して若手とベテランのポジション争いがありましたが、
結局開幕スタメンは、ベテラン勢中心。
川崎の負傷欠場という事もあって、このようなメンバーになりましたね。

そして昨日の勝利の立役者となったのは、このベテラン選手達でした。
大村・宮地はタイムリーを打っただけでなく、
守備でも好プレーを見せて、和巳のピッチングを盛り立てましたし、
本間も2本のタイムリーを打ちましたね。

もちろん、開幕投手である和巳のピッチングも見事でした。
7回までに許したヒットはわずかに2本。
四死球がちょっと多くてピンチを作っていたものの、
5回・6回は併殺で切り抜け、ほぼ完璧と言っていい投球。
8回に2点を奪われはしましたが、しっかり先発の仕事を果たしてくれました!

そして、昨日の攻撃がまさに2006年型ホークスの「スモールベースボール」ですね。
松中・ズレータの連続ヒットでチャンスを作り、宮地のタイムリーで先制。
新人ながら見事に開幕スタメンを果たした松田の犠牲バントも絡めてチャンスを広げ、
大村・本間のタイムリーでさらに加点。
7回にも四球と2つの犠牲バントでチャンスを作った後、本間のタイムリー。
連打とバントで見事につなぎの野球を見せました。
オープン戦では打線のつながりに欠ける事が多く、どうなる事かと思っていましたが、
本番できっちりやってくるあたりは、さすがにホークスです。

ホームランによる得点は、カブレラのソロアーチによる1点のみ。
これはこれで、追加点が欲しいとこだっただけに貴重な一発でした。

8回まで和巳が頑張った後は、馬原が3者連続三振の完璧な抑え!
投打ともに、今年のホークスはこういう野球をするのだというところを
大いに見せつけた試合でした。

ホークスのいいところが満載だった試合に加え、
試合後はいつもの倍の花火打ち上げに、
藤井フミヤの生歌による「勝利の空へ」も聴けて、
昨日ドームに行かれた方がうらやましいです(笑)

おっと。そんなことを書いている間に、今日の試合が始まっているではありませんか(笑)
今日も昨日のような完璧な試合運びで連勝を飾って欲しいと思います。

by takanomichi | 2006-03-26 13:22 | Hawks


<< 開幕3連勝!      嫌な予感はしていましたが… >>