それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2006年 04月 27日

ようやく波に乗ってきた

[4/25のホークス]対イーグルス 第4回戦 (長崎ビッグNスタジアム)
  ホークス 11-3 イーグルス

鷹打線猛爆! 先発全員安打の16安打で大量点!
新垣、12奪三振の「快投乱麻」で無傷の5連勝!
大阪で何かを掴んだか? 松田、プロ入り第2号アーチ!

[4/26のホークス]対イーグルス 第5回戦 (ヤフードーム)
  ホークス 4-1 イーグルス

ようやく4月の福岡での初勝利!
大村、ただいま絶好調! 猛打賞&7試合連続安打!
和田、打たれながらも要所を締めて2勝目!

うーん。せっかくブログ復活したのですが、平日は忙しいのは相変わらず…
なかなかまめに更新できません。
大阪ドームの2戦目の観戦記もまだアップしてないし…

試合もニュースでしか見てない有様です。
それでも、ニュースでホークスの勝ちを見ると、疲れも癒されるというものです。
これで4連勝!
貯金も4まで戻して、ライオンズ追撃態勢を取っていますね。

このイーグルス2連戦、ともに快勝でしたが、
特に火曜日は、新垣が見事な完投、打っては大量得点で、まさに完璧な勝利!
水曜日は、和田が7安打を打たれながらも、粘りの投球で7イニングを無失点。
そして、両試合ともに打線のつながりで得点を上げました。

一発攻勢で点を取っていた昨年までのスタイルから方向転換せざるを得なかった
今年のホークス。
キャンプ・オープン戦から「スモールベースボール」を標榜してきましたが、
開幕当初はなかなか形にならず、点を取れない試合が続きました。

しかし、先週末の大阪ドーム2連戦のあたりから、打線が見事につながり出し、
ここへきてようやく形になってきました。
上位打線では、川崎の復帰が大きいです。
好調の1番・大村と3番・カブレラの間で、川崎がよく出塁しており、
カブレラや松中で還す理想の形ができつつあります。

あとはズレータの欠場で、5番以下が手薄になる懸念があったのですが、
本間や吉本の活躍で、下位打線でもチャンスを作る事ができており、
そのチャンスを1番・大村が生かすという、下位から上位の攻撃パターンもできてきます。
トップバッターでありながら、大村が15打点もあげているのは、
その表れですね。

理想の攻撃パターンは、着実に現実のものになってきています。
と同時に連勝もスタートしました。
開幕から1ヶ月経って、ようやく波に乗ってきたような感じがします。

by takanomichi | 2006-04-27 01:41 | Hawks


<< 苦手を作るのは禁物      復活第1弾 大阪ドーム観戦記(... >>