2006年 05月 09日

いよいよ交流戦

[5/4のホークス]対マリーンズ 第7回戦 (ヤフードーム)
  マリーンズ 2-1 ホークス

倉野、今季初先発での好投報われず ソロアーチ2発に泣く
鷹打線、倉野を援護できず 初回の1点止まり

[5/5のホークス]対ライオンズ 第6回戦 (インボイス西武ドーム)
  ライオンズ 7-5 ホークス

和巳、松坂とのエース対決に敗れ、西武ドームでの初黒星
9回表の猛反撃も一歩届かず 希望の光は2安打デビューの江川

[5/6のホークス]対ライオンズ 第7回戦 (インボイス西武ドーム)
  ホークス 11-3 ライオンズ

鷹打線、久々の爆発! 14安打で大勝!
松中通算250号&ズレータ通算100号 メモリアル弾揃い踏み!
寺原、3年ぶりの完投勝利を決める!

[5/7のホークス]対ライオンズ 第8回戦 (インボイス西武ドーム)
  ホークス 7-3 ライオンズ

四死球、エラー…ライオンズ、序盤に自滅
杉内、打たれながらも粘りのピッチングで5勝目!

ゴールデンウィークも終わりましたが、皆様、いかがお過ごしだったでしょうか。
私は公私ともに忙しく…
ええ。「公」もなんです。出勤日とかあったもんで。 _| ̄|○
そんなわけで上記の4試合は、日曜日の試合をちょっと見ただけで、
あとは見れずじまいだったのですが、
大事な試合になると思っていたマリーンズ・ライオンズとの6連戦、
何とか3勝3敗の五分で切り抜けましたね。

まあ、振り返って言いたい事はいろいろあるのですが…
ずっと松田で固定されていたサードのポジションに江川が名乗りを上げ、
しかも打撃で見事な活躍を見せた事、
そして、今後サードのポジション争いが展開されるであろう事は、
大きな注目点でしょうね。

あと、日曜日の試合の、ズレータへのデッドボールには
本当に肝を冷やしました。
何せ側頭部を直撃しましたし、ズレータはそのまま頭を抱えて
倒れこんでしまいましたからね。
しばらくして立ち上がり、そのまま試合にも出続けたので、ひと安心でしたが…

それにしても、投手・涌井は危険球で退場になるかと思ったのですが、
なりませんでした。
その理由は「直球ではなく、変化球だったから」というものでした。
これもよくわからない話ですよね。
頭を直撃した以上、直球だろうが変化球だろうが、危険球だろうと
思うのですが…

さてさて、同一リーグ同士の対戦はいったん終わり、
いよいよ今日から交流戦開始です。
昨シーズンは、この交流戦で1位・2位となったマリーンズとホークスが、
そのままペナントレースでも1位を争う事になりました。
今年は、現時点で1位から5位までがわずか2.5ゲーム差の間にひしめく
大混戦のパ・リーグ。
この交流戦で争いから抜け出せるかどうかが、ポイントになりますね。

もちろんホークスには、その混戦を抜け出して優勝争いに残ってほしいのですが…
昨年のように、強力打線の爆発力で勝っていく事は今年は望めません。
先発四本柱をはじめ、投手陣の頑張りが昨年以上に大事です。

ただ今年はホームランが少ない代わりに、
バントを多用し、短打をつなぐ野球をしています。
セ・リーグでは、投手が犠牲バントをする機会が多いですが、
今年のホークスも、9番に入る山崎がよく犠牲バントを決めています。
そういう意味では、今年のホークスの野球はセ・リーグの野球に近いので
交流戦の戦い方に不安はない…って、単純な考えですが(笑)

まあとにかく、これから6週間にわたる長い戦いです。
それが終わった時、ペナントレースもさぞかし状況が変わっていると思います。
パ・リーグの混戦から抜け出す為にも、今年はぜひとも交流戦1位を
勝ち取ってほしいものです。
まずは今日からのカープ3連戦、注目です。

by takanomichi | 2006-05-09 06:53 | Hawks


<< 一進一退は続く…      ゴールデンウィークは勝負どころ >>