2006年 06月 03日

3連勝の喜びも吹き飛ぶ完敗…

[6/2のホークス]交流戦 対タイガース 第4回戦(甲子園球場)
  タイガース 4-0 ホークス 

鷹打線、虎の投手リレーの前に手も足も出ず
和巳、3失点でついに交流戦初黒星
終盤、若手が続々登場 出でよ、希望の光

もう何と言いますか、忙しさここに極まれりです。
今週は野球見る時間が無いどころか、徹夜仕事になる日もあったりで…
昨日の試合も、深夜に帰宅して再放送で見たという有様です。

それに加えて、試合内容もドッと疲れが出るような…
今週に入ってから、ベイスターズ戦で今季初の同一カード3連勝を決め、
波に乗るかな、と思ったら…
そんな浮かれた気持ちは、きれいさっぱり払拭されました(悲)

和巳が登板する試合で勝てなかった、というのは確かにダメージ大きいのですが、
それ以前に、3安打・無得点では誰が投げようが勝てませんぜ…
ベイスターズ戦の間も、勝ったとはいえ2戦目・3戦目では
僅差の試合になっていましたから、打線については決して楽観視してませんでしたが、
それにしてもこれは…ねえ(涙)

まあ今回はタイガースの必勝リレーにしてやられました。
先発・下柳ももちろん良かったのですが、藤川・久保田に完璧にやられましたね。
藤川は、正直、今ちょっと打てる気がしないな…
久保田にも三者三振で締められるし、昨日は完全にタイガースの引き立て役でした。

完敗の中でもいい材料を探すとすれば…
最近よく使われている竹岡は、昨日もなかなかのピッチングでしたね。
先発が早く降板した時、後を受ける投手はそれ以上にリードを広げられないように
する事が大事なわけで、その意味では今の竹岡はいい仕事をしています。

3番手で投げた陽は、もう少しコントロールが良くならないと…
ただ、荒削りだけど先が楽しみな感じはありますね。
これは一昨日のベイスターズ戦で先発した、育成選手出身の西山にも言える事です。

打つ方も、終盤に若手が代打で続々登場。
城所や辻も上がってきていたんですね。
田上は先日のベイスターズ戦でホームランを打ったのに続き、昨日もヒット。
なかなかいいんじゃないですか?

しかし、今のレギュラー陣を脅かすまでの選手は、まだ出てきてませんね。
こういった若手(いや、年齢的にはもう若手と呼べない選手もいますが(汗))
にもそろそろ台頭してきてほしいものです。

by takanomichi | 2006-06-03 06:15 | Hawks


<< 超アウェイ観戦記(6/4 甲子...      勝ちきれない、やりきれない… >>