それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 14日

福岡野戦病院

まず、昨日の朝書いた「井口、メジャー移籍へ」の件ですが、
午後の日刊スポーツの記事によると、球団にポスティング移籍についての
交渉を申し入れたとの事です

で、昨日取り上げた記事の詳細がこちら
ここにも書いてます通り、昨年から井口がメジャー行きを希望している話は
ありましたが、小久保トレードなどありましたし、結局球団の強い慰留に折れた
という背景があります。
それを考えると、今度は慰留は難しいのかなと思いますが、
やっぱり本音では残って欲しい。

でも、日本のプロ野球が誇る、走攻守三拍子揃った貴重な選手である、
と私は思ってます。(併殺打が多いとか、散々ネタにしてきましたけど(笑))
だから、もしメジャーに行ったとしても活躍できると私は確信しているので、
その姿を見てみたいという気持ちもありますし…複雑な思いです。

さて、その新聞記事には、井口が左手首を故障していた件も出ています。
亜脱臼で全治3週間。結構重症でした。
それをおして頑張っていた事を考えると、頭が下がります。

開幕からプレーオフまで、本当に激しい闘いの連続だった今年のホークス。
みんな大なり小なりどこか故障が出たとしてもおかしくないのですが、
さらにこんなニュースを知って驚きました。

「松中、急性肝炎で入院」

症状は軽く、3週間ほど入院するとの事です。
よくある怪我の話ではなく病気の話、とりわけこの肝炎という病名に
私は強い関心を持ちました。



実は私も、かつて肝炎を患った事があります。
今回の松中の病症や程度の詳細までは分かりませんので、
一概に私の経験と同じにはできませんが、あえて書かせて頂きますと…

まずメディカルチェックで再検査を受けて急性肝炎と診断されたと
いう事ですが、「それまでに何か体の異変とかに気づかなかったのか?」
という疑問をお持ちの方もおられるかも知れません。

しかし、この肝炎という病気って、本当に自覚症状が出にくいんですよ。
体がだるくなるとかいうのはあるんですけど、それって病気じゃなくても
「なんかちょっとしんどいかな」って感じる事ありますよね?それと同じに
考えてしまって、病院で診察を受けようとかまでなかなか思わない
ものなんです。
私も会社の健康診断で見つかり、病院で再検査して、
その日のうちに入院でした。
自分がそんな病気だったなんて信じられなかったですね。
入院直前まで、寝込んだりする事なく、普通に生活してましたから。

まして、ペナントレースの激しい闘いの中では、体がしんどいと
思ったとしても、休もうとは考えなかったと思います。
それでなくても責任感の強い松中会長ですからね。

で、入院した後どうなるかですが、おそらく松中も今後3週間、
ひたすら点滴受けて寝る生活になるのではと思います。

とにかく安静にしている事が必要とされます。体に負担を与えないように。
病気の程度で差はあるでしょうが、食事とトイレ以外は横になる生活に
なると思います。
症状が重いと風呂にさえ入れません。入浴って結構体に負担かけますから。

松中の場合症状が軽いという事なので、そこまで制約は大きくないでしょうが、
オフの間も筋力が落ちないよう、何らかの運動をするのが
プロ野球選手というもの。
でも、病気治療の為には、基本的には体を動かす事はできないと思います。
とはいえ、私達一般人と違い、プロスポーツ選手がトレーニングできないのは
重大問題です。
この点については、ある程度体を動かせるよう、主治医と相談したりするのかも
知れませんね。

あ、もう一つ。
「松中って今年禁酒してたのに、何で肝炎になるの?」って
ツッコミ入れようとしてる方(笑)、
肝炎ってアルコール性のものばかりとは限りませんので。
肝炎の場合、その多くはウイルス性のものです。
B型肝炎とかC型肝炎というものは、全てウイルス性のものです。

当ブログは医学ブログではありませんので(笑)
詳しい話は省かせて頂きますが、興味をお持ちの方は
こんなページ見つけましたので、ごらん下さいませ。

長々と書きましたが、
本当に一年間、頑張り過ぎるほど頑張ってくれた松中ですから、
こんな病気が原因で休む事になるのは残念ですけど、
この機会に本当にゆっくり休んで欲しいと思います。

それにしても、井口、松中、と一度に故障や病気になる選手が出て、
何やら野戦病院の様になってきました。
何度も言いますが、激しい闘いの後ですから、
他にも故障を訴える選手が出るかも知れませんね。

あと、昨日から今日にかけて、ダイエー本社の話とか、
書きたい話が多すぎですが、それはまたの機会に…。
もう出勤しなきゃ(笑)

by takanomichi | 2004-10-14 06:51 | Hawks


<< 助っ人達の明日は…      本日の条件反射 >>