それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 11日

初戦を落として、いきなり崖っぷち…

[10/11 プレーオフ第2ステージ・第1戦] 対ファイターズ (札幌ドーム)
ファイターズ 3-1 ホークス
鷹打線、たたみ掛ける事ができず。ダルビッシュの前にわずか1得点。
必死の投手リレーも報われず。明日、和巳で必勝態勢だ!

うーん。レギュラーシーズンで4試合自責点ゼロと徹底的に抑えられたダルビッシュに、
その借りを何倍にもして返したかったのに…

負け惜しみではありませんが、今日のダルビッシュは、今季一番良かったというほどでは
ないと思います。
現にホークスは、初回、無死1・2塁のチャンスから得点したのですからね。
ただ、松中の犠牲フライで1点をあげた後、なおもチャンスは続いたのですが、
ここでたたみ掛けられなかったのが痛かったですね。
あまり結果論で物を言いたくないですけど…これが最後まで響いたかな、
という感じがしますからね。

ホークスは、ファイターズに逆転を許した先発・杉内を、わずか3イニングで降板させ、
吉武→神内→柳瀬→藤岡という、必死の投手リレーで踏ん張ったのですが、
8回に取られた1点が重かったなあ…

何が何でも初戦を取らなければいけなかったのに、
逆に取られて、いきなり崖っぷちに立たされたホークス。
単に1敗したというだけでなく、ダルビッシュに完投を許してしまったのは
いただけないですね。
武田久やマイケルといった救援陣を温存させたまま、
ファイターズに王手をかけさせたわけですからね。
これ以上はない万全な態勢にさせてしまいました…

不利はもう承知の上。
何を言ってもとにかく3連勝しかありません。
明日、エース・和巳にホークスの命運を全て託します。
そして、何が何でも福岡で奇跡の胴上げを…
全ての決着がつくその時まで信じます。

by takanomichi | 2006-10-11 23:16 | Hawks


<< あまりにあっけない幕切れ…      福岡へ帰ろう。僕らの夢を乗せて… >>