2006年 10月 12日

あまりにあっけない幕切れ…

[10/12 プレーオフ第2ステージ・第2戦] 対ファイターズ (札幌ドーム)
ファイターズ 1-0 ホークス

祝 北海道日本ハムファイターズ 25年ぶりのリーグ優勝
泣くな、和巳 君は本当によく投げてくれた…

緊迫した和巳と八木の投手戦。
しかしその結末は、9回裏に稲葉のセカンドへの内野安打で、
その間に2塁走者・森本が生還し、ホークスはサヨナラ負け…
あまりにあっけないものでした。
そのあっけなさに、悔しさを感じる事さえも忘れ、
涙も出ませんでした。

しかし、マウンドに崩れ落ち、そして泣きながら抱きかかえられて引き揚げていく
和巳の姿を見た時には、堪らなくなりましたね… (日刊スポーツ記事)
このプレーオフ、2試合の力投も報われず、1点の援護も無し。
今季、レギュラーシーズンで最多勝など多くのタイトルを獲得し、
ホークスで、いや、パ・リーグで一番頑張ったと言ってもいい投手に、
野球の神様は、最後になんと残酷な仕打ちを与えたのでしょうか…

3年続けて、プレーオフ第2ステージでの敗退…
プレーオフは残酷な制度だとか、恨みつらみを言うのはよそうと思っても、
さすがにここまでくると…
しかし、最終戦までもつれこんだ過去2年に比べると、
今回は完敗と言わざるを得ないでしょうか。

ホークスにとって今季最後になってしまった今日の試合は、
皮肉にも、貧打に苦しみ、ファイターズ相手に苦戦した
今季のホークスを象徴する試合になってしまいました。
福岡へ夢を持って帰る事はできませんでした。
王さんの待つ福岡に帰る事はできませんでした…

しかしまあ、ホークスは福岡移転後、優勝まで11年かかりましたが、
ファイターズは北海道移転後、3年で夢を成し遂げましたね。
レギュラーシーズン終盤のすさまじい勢いを
そのままプレーオフに持ち込んで、優勝を勝ち取ったその強さには
脱帽するしかありません。

しかし、この敗戦で今季のホークスの戦いが色褪せるわけではありません。
むしろ、今季はシーズンを通して苦しみ抜いた分、得たものも大きく、
そしてそれは、必ず来年につながるものとなるに違いありません。

マリーンズへの「倍返し」を誓って始まった今季のホークス。
そのマリーンズには大きく勝ち越して「倍返し」を果たしはしましたが、
来年は、ファイターズに新たな「倍返し」をしなくてはなりませんよ!

とにかく、ホークスナインの皆さん、今季も本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとう…
来年こそは、きっと…
って、3年続けてこの言葉を言う事になるとは思わなかったけど(悲)

そして最後にもう一度言います。
「泣くな、和巳」
あなたには、恥じるものなど何一つないのだから…

by takanomichi | 2006-10-12 23:17 | Hawks


<< ちょっと無茶苦茶じゃないか?      初戦を落として、いきなり崖っぷち… >>