2006年 10月 15日

ちょっと無茶苦茶じゃないか?

プレーオフ第2ステージで早々と敗れてしまい、
来週からの日本シリーズを横目に、来季への新しいスタートを切る事になったホークス。
来季への新しいスタートとは、そこに当然、戦力構想という事も含まれてきます。
チームの再編成の中で、泣く泣くユニフォームを脱がざるを得ない選手も出てきます。
現実に先日、ここでも記事に書きましたが、3人の選手に戦力外通告がなされました。

その時に「これは第1弾で、この先に第2弾、第3弾もありうる」と書きましたが、
それが現実に起こりました。
しかし、この選手達に戦力外通告がなされようとは…想像さえもしていませんでした。

日刊スポーツ九州の記事より。

 ソフトバンクは15日、福岡ヤフードーム内(福岡市中央区)の球団事務所で、
 プロ19年目の大道典嘉 外野手(36)をはじめ、岡本劼能投手(33)、吉田修司投手(39)、
 宮地克彦外野手(35)、定岡卓摩内野手(19)の5選手に戦力外通告を行った。

私の正直な思いを言うと、今回の5人の選手全てについて、
「何でこの選手を退団させるんだ?」という思いでいっぱいです。
この記事を見た時、私は非常に混乱し、そして今も怒りがおさまりません。
選手の去就については、我々ファンが何かを言える立場ではないので、
感情的に書く事はできるだけ避けたかったのですが、
今回はちょっと感情的になってしまいます。

まず、ベテランの4人についてですが、確かに4人とも今年は良くなかったですけど、
大道、宮地、岡本については、今季が良くなかっただけで、
長いシーズンの中でベテランの力が必要になる時は必ずあるし、
その時にいてもらうべき選手だと思います。
力が落ちたからといって解雇されるような選手ではないはずです。
もう一人のベテラン、吉田にしたって、確かに昨季一度戦力外になりはしましたが、
残留し、今季終盤、セットアッパーとして良いところを見せていたのに。

そして定岡については、まだ高卒2年目の19歳。
これで「将来性が無い」と何で言えるのでしょうか。
一体何がわかるというのでしょうか?

球団フロントの皆さんには、
ヤフードームで「ピンチヒッター・大道」のアナウンスと共に起こるあの大歓声
が聞こえないのでしょうか?
今季はともかくとして、昨年、一昨年、宮地のバットで、守備で、
どれだけ助けてもらったか、フロントの皆さんは忘れたのですか?
岡本の気合の入ったリリーフは、もう見れないと思ったのですか?

「ただ単に若い選手ばかりにすれば、いいってもんじゃないぞ」
今、正直、私はそう思ってます。
これまでも何度か衝撃的な戦力外通告がありましたけど、
今回ばかりは
「ちょっと無茶苦茶じゃないか?」と思います。
本当にこれでいいのか?
来季になって、ここで大道が、宮地がいたらなあって思っても、
遅いんですからね!

・・・・・・・・・・・・・・
追記:
先にこの記事が出ていたようなのですが見落としてました。
そして、もう唖然としました。
カブレラまでも…
この球団は、一体何がしたいんだ…

by takanomichi | 2006-10-15 23:37 | Hawks


<< 早く決まった、のはいいけれど…      あまりにあっけない幕切れ… >>