それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2004年 10月 18日

こんな試合ありですか?

[日本シリーズ第2戦] 中日 11-6 西武

私の記憶が確かならば、今日の中日の先発は山本昌だったはずです。
しかし、二転三転したこの試合、逆転のたびにそれまでの試合展開が
私の記憶の中で薄れていき、7回裏の中日の攻撃で、
それまでの記憶を完全に飛ばされた感じがします。

両先発投手の印象にしたって、7回途中まで投げた松坂はともかく、
山本昌が投げていたのは、同じ試合の話ではないような気すらします(笑)
それくらい、一つ一つの逆転の場面が、強烈な印象を残した試合でした。




初回、フェルナンデスの2ランで、西武が早々と先制。(D 0-2 L)
しかし、3回裏に中日は併殺崩れとタイムリーで同点に追いついた後、
一・二塁から死球と四球で押し出しにより逆転。(D 3-2 L)
今日の松坂、いいイニングと悪いイニングの差が大き過ぎました。
いい時はMAX156kmのストレートで三振を取るものの、
悪い時は連打に加えて四死球で自滅…後述する7回裏もそうでした。

5回表、西武は佐藤・赤田・和田の2塁打で逆転します。(D 3-5 L)
山本昌も抜群のコントロールで、4回表なんて三者連続三振なんてのも
あったのですが、この5回途中で降板。

そして7回表、5回にタイムリーを打っていた和田が、
レフトへホームラン!(D 3-6 L)
「今日の試合もライオンズのものか。
この日本シリーズは和田のシリーズになるのか」
とすら、この時点では思いました。

西武の様に一発が大きく期待できる打者のいない中日は、
打線の繋がりで点を取るしかないだろうけど、3点差はどうか、
なんて思ってたら…
代打大西と井端のヒットの後、立浪がライトへ鋭い当たり!
ライト席に飛び込む同点3ラン!(D 6-6 L)
出ないと思っていたホームランで同点…
まだ同点だったからでしょうか、二コリともせずベンチ前で
ナインとハイタッチする立浪。男の気迫を感じました。

ただ、当然ながら走者はいなくなり、西武はここで流れを切れれば
まだよかったのです。
しかし、ここで松坂の悪い病気…四球と死球。
一・二塁から谷繁のタイムリー2塁打で、またまた中日が逆転
(D 7-6 L)
まるで若手のように二塁塁上でガッツポーズする33歳の谷繁。
そしてスタンドではウェーブも飛び出し、もうお祭り騒ぎ。

松坂、ここで降板。
しかし代わった星野から、代打高橋光信がタイムリー(D 8-6 L)
3点どころか5点を取ったこの回の中日。

そして8回裏、もう詳細は書きませんが、
西武・森が4本のヒットを許すなど打ち込まれ、
リードは5点差に広がりました。(D 11-6 L)
さすがにもうここで勝負あった。
今日の森は、シーズン中何度も見た、炎上モードの森だったのか…

最終回は、大差でも岩瀬が登場。
3人できっちり片付け、ゲームセット!
この時はもうベンチに下がっていた立浪が、同点アーチの時と
うって変わって、笑顔でナインを迎えていた姿が印象的でした。

今日は中日の気迫勝ち。
西武も何度もリードを奪い、主導権を握ろうとしたのでしょうが、
昨日敗れていて、今日は絶対負けられない、
という思いだったに違いない中日ナインの前に敗れた感じです。

あと、これまた忘れかけていたのですが、
5回表西武が5-3とした後、なおも満塁のチャンスで
野田がレフトへいい当たりを放ったのですが、
中日・井上がダイビングキャッチ、超ファインプレー!
ここでリードを大きく広げられなかった事が、後の大逆転劇の
呼び水になったような気がします。

1勝1敗。今日のような勝ち方ができたので、中日は勢いが
つくかも知れませんけど、このまま終わるようなシリーズだとは
とても思えません。
まだまだひと波乱ふた波乱ありそうな予感がしてなりません。

あの…ホークスが出ない日本シリーズなのに、
私、なんかすごく力が入りそうな気がするんですが…

by takanomichi | 2004-10-18 01:09 | プロ野球一般


<< 「福岡ヤフーホークス」誕生か?      大変な事になってたようで… >>