2006年 12月 15日

「予想外」 ノーノー男がやって来た!

活発だったホークスの補強も、そろそろ打ち止めかな…
と思っていたら、またまた予想もしなかった移籍が。

ソフトバンク 前ヤクルト・ガトームソン獲得

  ソフトバンクは14日、前ヤクルトのリック・ガトームソン投手(29)と、
  米大リーグ、元パドレスのブライアン・ジェームズ・ブキャナン外野手(33)との契約が
  合意に達したと発表した。
  ガトームソンは2年総額2億5000万円、ブキャナンは1年契約の年俸5000万円。

今年、交流戦のイーグルス戦で見事にノーヒットノーランをやってのけたガトームソン。
しかし、来季についてはスワローズと契約が難航しており、移籍の噂は出ていましたが、
名前のあがっていた球団はタイガースやジャイアンツであり、
まさか、我がホークスに来る事になろうとは…
多村の時と同じく、全く「予想外」の補強です。

小久保・多村の加入で打線は強化されたが、
投手力はどうなんだ、と思っていたところにガトームソンの加入。
当然、先発ローテ入りが期待されます。
斉藤・杉内・和田・新垣の「四本柱」に次ぐ5人目の先発が
なかなか固まらなかったホークスですが、
ここに有力候補が出てきました。

しかも、2年で2億5000万円とは…
スワローズと条件でもめていた選手の割りには、
お得な買い物だったのでは?
これぞ「予想外割」か?(笑)

さらには、もう一人の新外国人、ブキャナンの加入も。
メジャーでの実績は、先に入団が決まったアダムより、こちらの方がちょっと上かな?
ベテラン大量解雇で一気に層が薄くなった外野陣に、多村と2人の新外国人加入…
何か本当に新しいチームになったなあ、という気がします。
松坂レッドソックス入りの件より、私にとってはこっちの方が大ニュースですぜ(笑)

あとは、ズレータが残留さえしてくれれば…
その心配も、この記事を見る限りしなくていいかな?

そうなると外国人枠も、
 先発投手 ガトームソン
 中継ぎ投手(恐らく) ニトコースキー
 内野手 ズレータ
 外野手 アダム、ブキャナン
と5人になるので、少なくとも誰かが1人落ちる事になります。
こちらの争いも熾烈になりそうです。
まあズレータは決まりとして、新加入の4人の争いになるのかな。

今季、リーグ優勝を持っていかれたファイターズからは、小笠原と新庄が抜け、
ライオンズからは松坂が抜け、
戦力の大幅ダウンは否めないところ。
その一方で、ホークスは次から次へと大型補強…

まあ、セ・リーグの某在京球団のように
片っ端から集めればいいというものではないという声も聞こえてきそうですが、
それでもこれだけ大型補強が続けば、来季は期待せずにいられません!

by takanomichi | 2006-12-15 00:17 | Hawks


<< 新年のご挨拶      来る人と去る人 >>