2004年 10月 21日

思いがけない休み…ビデオ鑑賞でご満悦

もういい加減にしてくれって言いたくなるくらい来ますね…台風が
今日の日本シリーズも、結局台風の影響で中止。
まあ止むを得ないとは思いますが…

b0040114_0325283.jpgそんなわけで時間ができたので、
今日はある一本のビデオを見ました。
Numberから出ている
「プロ野球 伝説のプレー大全」
というものです。
以前、チカコさんのブログで紹介されてましたのを読んで、ぜひ見たいと思っていましたが、
近所のレンタル屋にはなかったので、
ネットで探して買いました。
中古ですけど(でも新品同様でした)

内容はいわゆる「好プレー珍プレーで」で、映像もフジテレビのが
使われています。主に'80年代から'90年代前半のものが多いですね。
ただ、フジテレビの映像を使うのなら、
ナレーションもみのもんた氏にしてほしかった気がしますが…

とにかく存分に楽しめるビデオです。
10年~20年前くらいの映像が主なので、
今は監督・コーチ、あるいは解説者になっている選手も
多く登場しているのですが、そんな人達が現役時代
一生懸命なあまり信じられないような珍プレーをしているのが笑えます。
面白いプレーは時代を超えて楽しめる、ってわけですね。

あと、各チームのユニホームが今とは全然違っていたり、
また'80年代当時は、ダイエー、オリックスではなく南海、阪急だったので
(横浜も当時は横浜大洋)、その球団のユニホームを見る事もできるので、
新しい野球ファンの方には、物珍しく思えるのではないでしょうか。
私にとっては「懐かしい」という感じでしたが(笑)



さて私のツボにハマったシーンは…

「広島・達川、試合中にコンタクトを落とし、ナインで大捜索」 
 四つんばいになってコンタクトを捜す達川や
 遠巻きで見ながら捜す広島ナインの姿が激しく笑えます(笑)
 
「オールスター戦で、投手イチロー登板」
 有名なシーンですね。マウンドに登る事が珍しいと言うだけでなく、
 もはやイチローの日本でのプレー姿そのものが貴重になりつつありますね。

「日本ハム・柏原、敬遠の球をホームラン!」
 敬遠の球を打ったシーンとしては、新庄(阪神時代)のサヨナラヒットが
 有名ですが、柏原のはそれどころではありません。

「デッドボールで絶叫、西武・金森」
 デッドボールを受けるたび「あーーーーーっ!!」という絶叫が
 西武球場にこだまする(笑)
 今季阪神の打撃コーチを務めた金森氏の、現役時代の爆笑シーンです。

こういったところでしょうか。
他にも本当にいろんなシーン満載で、本当なら全てのシーンについて、
一つ一つコメントしたいくらいなのですが(←やめなさい)

それから、こんなシーンもありました。
'82年の日本シリーズ、今季と同じ西武vs中日の対戦。
ともに2勝2敗で迎えた第5戦、
中日2死2塁のチャンスで、平野の打球はライト線へ。
打球は外野へ抜けて、2塁走者田尾は3塁を蹴ってホームへ
…と思われましたが、この打球がなんと1塁塁審に当たったのです。
しかもこの球が2塁手の前に転がり、すかさず3塁へ送球。
3塁を蹴っていた田尾は帰塁間に合わずアウト。
先制点を逃した中日は結局この試合を落とし、
そして結果的には次の第6戦でも敗れ、日本一を逃すのです。

先日の第1戦、あの判定をめぐっての中断。
状況は全然違うけど、同じ対戦カード、
審判が試合の流れを左右しかねなかった
という事で、上記のシーンを思い出した人もいたのではないでしょうか。

しまった…ビデオ販売元の営業妨害になりかねないくらい
語ってしまいました(笑)
まあ、野球ファンなら誰が見ても楽しめると思えるビデオです。
ぜひ皆様も、レンタル屋で探してみて下さい。
レンタル屋に無いという方は…一食抜いてでもお買い求めを(笑)

by takanomichi | 2004-10-21 00:31 | プロ野球一般


<< 商魂こめて      ますますエライ事に… >>