それが鷹の道

soretaka.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 30日

キャンプインはすぐそこに

ついこの間、新しい年が明けたと思ったら、もう1月も終わり…
待ちかねた2/1のキャンプインは、もう間もなくです。

で、今日のホークスは、毎年この時期恒例の筥崎宮での必勝祈願

つい先ほどテレビのニュースでも見ましたが、
王監督、まだちょっと痩せてはいるものの、だいぶ元気になられたようで、安心しました。
キャンプ初日から指揮を執られるとの事で、ここまで順調に回復して本当に良かったと思います。

そして、小久保がいる、多村がいる…今日の必勝祈願には
外国人選手を除く全選手が参加したとの事ですが、選手の顔ぶれも変わりましたね。

その外国人選手ですが…今更ながらですが、カブレラ、ズレータの退団は本当に残念です。
D.J.カラスコについては、2年契約のところを、わざわざ2年目の年俸をタダで差し上げて、
1年で解雇という、昨年のバティスタと同じ事をする始末…
結局、投手の陽耀勲以外は総取っ替えという感じで、4人の新外国人が入団する事になりました。

その4人の新外国人はこういう面々です。
皆さん、顔と名前を覚えましょう(笑)

先発の一角に、史上初の交流戦ノーノー達成のガトームソン
そして、吉武の穴をニコースキーが、ズレータの穴をブキャナンが埋めようとする、
という感じになるのかな?
そして早くも日本語をマスターしようとしているアダム(笑)
それぞれ、楽しみな顔ぶれです。

さて、その一方で、皮肉にも同じ日にマリーンズがズレータの入団会見を開きました
これもテレビニュースで見たのですが、このスポニチ記事には出ていませんけど、
ズレータはこんな事を言ってました。
  「長い間、ロッテでプレーする事を夢見ていました」

…そりゃリップサービスの意味が含まれているとしても、
ちょっとこれは無いんじゃないか?と思いました。正直。
昨年まで「福岡、最高バイ!」とか言ってたのは、何だったの?
なんて事も思ってしまいます…

昨年までのホークスでの4年間、
何度もいいところで打ってくれたし、何度も感動を与えてもらいました。
その感動、感激の思いは、何度もこのブログでも書かせてもらいました。
それについては、今でもズレータには感謝しています。
でも、ホークスのユニフォームを着ないあなたは、
もう素直に応援する事はできません…残念だけど。
ホークス投手陣には、しっかりとズレータを抑える為に頑張ってもらわねばなりません。
「倍返し」のさらに倍返しをされないためにも。
今季のマリーンズ戦は、楽しみ半分、怖さ半分です。

それにしても…
しばらく、このブログもサボり気味でしたけど、書き始めると、いろいろと書きたい事が出てきました。
キャンプインが近づいてきて、私も徐々にテンションが上がってきたのかな(笑)

by takanomichi | 2007-01-30 23:28 | Hawks


<< 恒例 週ベ選手名鑑と川崎インタ...      ニュースな話題とともに… >>