2007年 03月 04日

出足快調!

[2/28のホークス]  オープン戦 対マリーンズ (ヤフードーム)
 マリーンズ 5 - 1 ホークス
※詳細な試合経過は、こちら

[3/1のホークス]  オープン戦 対ドラゴンズ (ヤフードーム)
 ホークス 2 - 0 ドラゴンズ
※詳細な試合経過は、こちら

[3/2のホークス]  オープン戦 対イーグルス (ヤフードーム)
 イーグルス 4 - 2 ホークス
※詳細な試合経過は、こちら

[3/3のホークス]  オープン戦 対ジャイアンツ (ヤフードーム)
 ホークス 6 - 4 ジャイアンツ
※詳細な試合経過は、こちら

[3/4のホークス]  オープン戦 対ジャイアンツ (ヤフードーム)
 ホークス 5 - 0 ジャイアンツ
※詳細な試合経過は、こちら


ちょっと更新できない間に、ホークスがどんどんオープン戦を消化してしまったので、
5試合分まとめて書いちゃいます(苦笑)

この5試合は3勝2敗。
これでオープン戦早くも7試合を消化して5勝2敗と、
今季のホークスはなかなか出足快調です。
では、この間の試合で印象に残っている事を何点か…

先発のローテーション、斉藤和巳・和田・新垣・杉内の4本柱は確定的としても、
5人目、6人目がまだまだ不透明。
そんな状況を打ち破るかのように、3/1のドラゴンズ戦で先発した神内が、
5イニングで8奪三振の快投!
他の先発候補である高橋秀聡、ガトームソンも
それぞれマリーンズ戦、イーグルス戦で先発しましたが、
内容的には神内が一歩リードでしょう。
吉武の去った後を受けて、中継ぎの柱として神内に期待する向きもありましたが、
こんな投球をされると、先発としても期待がかかりますね。

土日は毎年恒例のジャイアンツとのホーム&アウェー戦。
こちらは見事に連勝!
土曜日は、先発斉藤和巳が今ひとつの内容、
ルーキー・森福も打ち込まれて前半はリードを許しましたが、
終盤で松田の3ランアーチ等で反撃の末、逆転勝利!

この土曜日の試合で、
新外国人・ホワイト…もとい、ブキャナンに来日第1号のアーチが出た、
かと思われるような大きな打球を、
何とレフトスタンドから少年ファンが、身を乗り出してキャッチしてしまいました。
そんな珍プレー(?)もありましたが、
これが公式戦中なら大騒ぎになっていたでしょうねえ。

そして何といっても圧巻は今日の試合でした。
打つ方では、松中・小久保の連続アーチ!
ああ、思えばこの2人のアベックアーチは、実に4年ぶりの事ですよねえ…
公式戦に入ってからも、こういうのをどんどん見せて欲しいものです。
それにしても、小久保が本当にホークスに帰ってきたんだなあと、
あらためてジーンときます…

投げては、和田-甲藤-ニコースキー-竹岡-藤岡のリレーで、
何と9回2アウトまでパーフェクト!
ただ、残念ながら27人目の打者・脇谷にヒットを打たれて、
残念ながらパーフェクトはならず。
そういえば、去年の交流戦で斉藤和巳の完全試合を阻んだのも、
脇谷だったよなあ…

オープン戦が進むにつれ、投打ともにいい内容になってきました。
打線は、序盤はちょっと物足りなかったのですが、
ここへ来て若手選手の活躍で、活気付いてきましたね。
江川、井手、あと若手というには微妙ですが、的場が地味に頑張ってます。
そういえば、この正捕手争いも熾烈です。
イーグルス戦でマスクを被った高谷・山崎が4盗塁を許してしまうという
不安を残しただけに、的場もアピールするチャンスが出てきました。

シーズン開幕までまだ間はありますが、
何やら期待をさせるオープン戦の内容です。
私も、もうニュースや新聞で見るだけでは物足りなくなって、
ケーブルテレビを契約してしまいました。
これで、シーズン開幕へ向けては万全です(笑)

by takanomichi | 2007-03-04 23:16 | Hawks


<< いよいよ球春到来      オープン戦 連勝! >>