2007年 04月 01日

2007年初観戦記は、虎vs鯉

先に携帯から投稿した通り、
今日は、京セラドーム大阪(って、まだこの名称に馴染めない(苦笑))に、
タイガースvsカープの開幕シリーズ第3戦を観に行ってました。
まあ、試合中もホークス戦の様子は気にしていましたが(笑)

毎年、この時期は甲子園で選抜高校野球が行われている為、
タイガースは地元での開幕権を得ても結局相手チームに明け渡す、
という事がかつてはあったのですが、
何年か前から、この大阪ドームでタイガースが主催試合をする様になり、
タイガースが上位に定着するようになったここ数年は、
このドームでの開幕シリーズ開催もお馴染みになりました。

私自身、大阪ドームでのタイガース戦は、オープン戦では何度か観ましたけど、
公式戦は初めて。
しかも開幕カード、カープと1勝1敗で迎えての対決、
非常に楽しみにしていました。
って、観戦に出かけるのを決めたのは昨日の事ですけど(笑)

予想された通り、超満員の京セラドーム。
普段、ホークス戦で結構観客が詰め掛けると言っても、これほどではありません。
恐るべし、タイガース人気。

今日は、3塁側の内野席からの観戦でしたが、
3塁側と言ってもタイガースファンでいっぱい。
それだけに、チラホラ見えた内野席のカープファンの頑張りが目立ちました。
私はタイガースのメガホンを、嫁さんはカープのメガホンを手に持って観戦(笑)



b0040114_2234180.jpgさて試合開始。
タイガースの先発は、ルーキーの小嶋
プロ初登板が、いきなり開幕シリーズの先発という大舞台。

b0040114_2253654.jpgカープの先発は、大竹

b0040114_226583.jpg試合は、初回にタイガースがシーツのタイムリーで1点先制。
シーツは3回にもタイムリー2塁打を放つ活躍ぶり。
私が観に行くとシーツがよく打つような気がします。
偶然だろうけど(笑)


b0040114_2274231.jpg3回表にちょっとしたアクシデント。
前田智徳が死球を受けて倒れ込み、ヒヤリとする場面がありました。
故障から昨日復帰したばかりだっただけに、心配されました。
この後自力で立ち上がり、一塁に歩いたので、大事には至らず。

タイガースは、3回裏のシーツのタイムリーの後、
今岡矢野のタイムリーでさらにリードを広げ、4-0

b0040114_229239.jpgb0040114_22101033.jpg
しかし、5回にカープも追い上げを見せます。
大竹が自らの2塁打で得点のきっかけを作った後、
前田智徳のタイムリーで、まず1点。
なおも2アウト1・3塁で、新井の当たりはショートへのゴロ。
チェンジかと思われましたが、新井が執念のヘッドスライディング!
内野安打としてさらに1点。
新井のユニホームは泥だらけ。

しかし、カープもこれ以上の追い上げはできず、
一方タイガースも追加点をあげられず、試合は終盤へ。

b0040114_22111554.jpgb0040114_22113097.jpg

タイガース、ラッキー7の時は球場中から風船が大乱舞。
まさに壮観。
しかし、レフト上段席のカープファンも、数は少ないながらも
頑張っていました。
もちろん応援スタイルはあの「スクワット」

b0040114_22122067.jpgリードを守ったタイガースは、例によって「JFK」リレーで、
逃げ込みをはかります。
今年のこの3投手のリレー、先陣を切るのは「K」久保田智之
2三振を含む3者凡退でピシャリ!


b0040114_22123573.jpg続いて「J」ジェフ・ウィリアムス
こちらも、先頭の新井に2塁打を許しこそしましたが、
あとは3人で片付けました!


b0040114_22134881.jpg最後は「F」藤川球児
完璧な三者三振!
ストレートはMAX150キロ出ていました。
本当に毎年凄まじく進化していきますね。この投手は…


b0040114_22144784.jpgb0040114_2215419.jpg


そんなわけでゲームセット。
4-2でタイガース快勝!
5イニングを2点に抑えた小嶋は、プロ初登板で初勝利!


b0040114_2217865.jpg…という今季の初観戦でした。
タイガースが好スタートを切ったのを目の前で見て、
実感できて、満足の一日です!

ただ…心なしか、嫁さんがご機嫌斜めなようなのが、気になります(笑)

by takanomichi | 2007-04-01 22:18 | プロ野球観戦記2007


<< 首位がっちりキープで所沢へ      今季初観戦! >>